知床ゴルフクラブなかしべつコース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
知床ゴルフクラブなかしべつコース
所在地 日本の旗 日本
北海道標津郡中標津町
Nuvola apps kolf.svg 概要
運営 パブリックコース
設計 飛島建設株式会社
所有者 丸山芳一
運営者 山本精造
Nuvola apps kolf.svg コース
中標津コース

OUT IN
HOLE PAR YARD HOLE PAR YARD
1 4 340 10 5 520
2 5 555 11 4 385
3 4 335 12 4 335
4 3 150 13 4 330
5 5 500 14 3 140
6 4 400 15 4 340
7 4 300 16 3 165
8 4 365 17 4 345
9 3 150 18 5 550
36 3095 36 3110

※ヤード表示はレギュラーティー
Nuvola apps kolf.svg その他
テンプレートを表示

知床ゴルフクラブなかしべつコース(しれとこゴルフクラブなかしべつコース)は、かつて北海道標津郡中標津町にあったゴルフ場。2017年5月をもって閉鎖され、用地売却先のLooop Energy合同会社がメガソーラーの機器設置場所として使用予定[1]

概要[編集]

1974年9月4日 道東カントリークラブ パー36/9ホールのコースとしてオープンした。 パブリックコースで単年度メンバー会員制度がある。

沿革[編集]

  • 1974年〜 道東カントリークラブ
  • (時期不明)中標津センターゴルフコース
  • 1980年〜 中標津空港カントリークラブ(2002年2月6日破産)
  • 2003年〜 中標津ゴルフコース
  • 2004年〜 中標津ゴルフ場
  • 2005年〜 中標津G&Sカントリー
  • 2007年〜 知床ゴルフクラブなかしべつコース

(グリーンシステム子会社のTMGBが施設賃借し運営)

  • 2017年 Looop Energy合同会社へ売却し閉鎖

コースについて[編集]

  • 道東カントリークラブがパー36/9ホールでスタート
  • パー70/18ホールに改修
  • パー70だったため当初からあったアウトコースを壊しパー72の本格的なコースを作る予定が1989年11月に不動産開発業者(株)アドックが倒産してゴルフ場造成工事は中断。パー36/9ホールの営業に戻る
  • 中標津空港カントリークラブの新経営者がパー72/18ホールに改修
  • アウト3番4番の土地を借りて運営していたのだが、新経営者と賃貸契約が結べずパー70/18ホールにコース改修
  • 現在の5番・6番ホールを新規に造成しパー72/18ホールで現在に至る

クラブハウス[編集]

  • 中標津空港カントリークラブの時に新設されたが、破産後競売にかかり現在は未使用、横にプレハブのクラブハウスを建設し現在はそちらを使用。
  • 温泉がボーリングされていたが現在は未使用
  • 練習場10打席

住所[編集]

  • 北海道標津郡中標津町東中11丁目6番地

アクセス[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]


外部リンク[編集]