矢飼督之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

矢飼 督之(やがい よしゆき、1909年6月27日 - 1974年6月26日)は、島根県出身の会社社長、元ラグビー選手日本代表キャップは1。

来歴[編集]

慶應義塾普通部を経て慶應義塾大学に進学。同大学ではラグビー部で活動し、日本代表として初のキャップ対象試合となった、1930年9月24日カナダバンクーバーで行われたブリティッシュコロンビア州代表戦にプロップ(PR)のポジションで出場した[1]。ちなみに、矢飼は日本代表選手のキャップ認定第一号選手である。

その後、昭和石油専務、日本精蝋社長等を歴任した。

脚注[編集]

  1. ^ ザ・ワールドラグビー(大友信彦 編、新潮社ISBN 4104627011)の48ページ

参考文献[編集]

関連人物[編集]

関連項目[編集]