矢野純一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
矢野 純一
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 山口県
生年月日 (1919-01-23) 1919年1月23日
没年月日 (2002-12-22) 2002年12月22日(83歳没)
身長
体重
170 cm
60 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 中堅手
プロ入り 1951年
初出場 1951年3月30日
最終出場 1951年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

矢野 純一(やの じゅんいち、1919年1月23日 - 2002年12月22日)はプロ野球選手野手)、元横浜大洋ホエールズ取締役球団代表。山口県出身。

来歴・人物[編集]

下関市立下関商業学校(現・下関市立下関商業高等学校)時代は甲子園出場を果たすことなく卒業。後に大洋でチームメイトとなる平山菊二は1学年下。2学年下に藤本英雄(のち巨人)がいた。その後、明治大学、社会人野球の満州電電大洋漁業でプレーした。

1951年に親会社の大洋漁業から大洋ホエールズに入団。即戦力と期待され、開幕戦(3月30日名古屋戦〔草薙球場〕)から出場した。5月19日松竹戦(大分県営野球場)では、先制の本塁打を含む2本塁打と活躍した(結果的に、現役唯一の本塁打を記録した試合となった)が、チームは6回終了時点の12-2からエース高野裕良が打たれ、10点差をひっくり返される大逆転負けを喫した(松竹ロビンス#キーワードを参照)。

1951年限りで現役引退。その後、大洋ホエールズ取締役球団代表を歴任した。

2002年12月22日午後5時5分、肺炎のため神奈川県横須賀市の病院で死去[1]。満83歳没。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1951 大洋 79 255 226 24 54 4 0 2 64 24 3 2 5 -- 23 -- 1 20 7 .239 .312 .283 .595
通算:1年 79 255 226 24 54 4 0 2 64 24 3 2 5 -- 23 -- 1 20 7 .239 .312 .283 .595

背番号[編集]

  • 31 (1951年)

脚注[編集]

関連項目[編集]