矢野由治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
矢野 由治 Football pictogram.svg
名前
カタカナ ヤノ ヨシハル
ラテン文字 YANO Yoshiharu
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1969-05-18) 1969年5月18日(50歳)
出身地 長崎県長崎市
身長 174cm
体重 65cm
利き足 右足
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

矢野 由治(やの よしはる、1969年5月18日 - )は、長崎県長崎市出身のサッカー指導者。

来歴[編集]

1989年に早稲田大学へ進学。ア式蹴球部に所属し、3年時からは関塚隆の下でプレー。同大学大学院へ進学し、在学中からフィジカルコーチを務めるようになった[1]。大学院修了後にはブランメル仙台で指導。

1997年東京ガスフットボールクラブ(後にFC東京)のフィジカルコーチに就任。10年間に渡って同クラブでの選手強化に尽力した。2007年限りで退任[2]

2006年からは、反町康治監督の下でU-23日本代表のフィジカルコーチを務め[3]北京オリンピックに参加した。

2009年川崎フロンターレ監督の関塚に指名され[4]同クラブのフィジカルコーチに就任し[5]2012年限りで退任[6]2013年は、Kリーグクラシック城南一和天馬のフィジカルコーチを1年間務めた。

2014年、8年ぶりにFC東京のフィジカルコーチに復帰[7]。同年、クラブはイタリア出身のコーチ陣を揃えたが、矢野は同国へのコーチ研修の経験から通訳を代行することもあった[8]

所属クラブ・学歴[編集]

指導歴[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]