矢野きよ実

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
やの きよみ
矢野 きよ実
生年月日 (1962-02-25) 1962年2月25日(56歳)
出生地 日本の旗 日本名古屋市中区
血液型 A型
職業 タレント
活動期間 1977年 -
配偶者
前夫・前原博之

矢野 きよ実(やの きよみ、1962年2月25日 - )は、日本のタレントラジオパーソナリティモデル書家名古屋市中区大須出身。本名同じ。血液型A型。名古屋市及び中京圏を中心に活動するローカルタレントであり、名古屋弁を多用する語り口が特徴である[1]

来歴・人物[編集]

市邨学園高蔵高校(現名古屋経済大学高蔵高校)卒業。1977年から地元中京圏を拠点に、雑誌や広告などでモデル活動を始める。

高校卒業後の1980年4月、名古屋テレビ金曜奥様ワイド』でタレントデビュー。1982年には中京テレビ5時SATマガジン』でアシスタントに抜擢され、その頃より中京圏を中心とするタレント活動を本格化させた。1989年にはフジテレビの情報番組『と〜んでもない』に出演し東京進出を果たす。さらに1990年から在阪準キー局の番組[2]にも出演するようになったが、これらの番組が終了した後には再び中京圏中心の活動へと戻っている。1996年からはCBCラジオで冠番組『矢野印』シリーズがスタート。2009年9月まで同局の番組『ツー快!お昼ドキッ』で金曜のパーソナリティを担当していた。また、2002年4月から2011年3月までメ〜テレどですか!』で宮地佑紀生とともに週5日間のメイン司会を担当していた。「名古屋の上沼恵美子」との異名も持つ。

2009年9月時点では、中京地区で活動しているタレントで唯一、地上波テレビ局・FMラジオ局・AMラジオ局・ケーブルテレビ局で各週1本以上のレギュラーを持っていたが、『ツー快!お昼ドキッ』の終了によりAMラジオ局での登場が一時途切れた。倉本美津留とも、番組の出演者・構成作家という関係で知り合って以来10年来の親交があり、2005年末には倉本とのデュエットソングを吹き込んでいる。また、燃えドラオールスターズの1人として『燃えよドラゴンズ! 2007』を歌った。中日が日本シリーズを制した記念に『燃えよドラゴンズ! 2007 日本一記念盤』が発売されたが、こちらはソロである。

書道家「霄花(しょうか)」としても活動しており、2000年にはCBCテレビが製作したドラマ30枠の作品『蔵の宿』の題字を担当した。2006年には初の書籍『矢野きよ実の書』が発売。2007年には松坂屋本店に書のグッズショップ『書っぷ』(ショップ)がオープン。ANAセントレア等によるプロジェクト『でら九州プロジェクト』では、題字及びプロジェクトリーダーを務めている。

私生活では、当時中日ドラゴンズに在籍していた前原博之と結婚し、一児がいる[3]。しかし、前原が西武ライオンズに移籍した後に離婚した。結婚していた頃には、夫婦揃って中京テレビの番組『小堺一機の恋愛専科 色恋ざうるす』にゲスト出演したこともあった。

2010年3月9日に、当時ロックバンド「JAYWALK」のメンバー・中村耕一覚せい剤取締法違反(所持)で逮捕された。その事件報道の中で中村との10年以上続いている内縁関係が明らかとなる[4]。中村の逮捕翌日の3月10日から『どですか!』の出演を見合わせ[5]、同月13・20日の『矢野雑貨店』も別番組に差し替えることになり28日を最後に打ち切りになった[6][7]。報道以降、活動を自粛していたが、同年4月15日から新番組『矢野きよ実 やさしさ無礼講』(FM愛知)を機に活動を再開し、同年5月19日より『どですか』にも復帰することが18日の同番組内で発表された。

2011年3月の『どですか』のリニューアルにより番組を降板した以降は、FM音楽番組以外はレギュラーを持たず、執行猶予中の中村を支えるとともに、書家としての経験を生かし全国各地の講演会や学校現場でのワークショップ活動にシフトする。その間、早期の肺腺がんが発見されたことによる休養も経験[8]したが、2013年10月に2年ぶりの帯番組『矢野きよ実・山浦ひさし 太陽とバナナ』(東海ラジオ)にレギュラー出演。「~太陽とバナナ」終了後も『矢野きよ実の朝は矢野流』のメインパーソナリティに起用されるなど、メディア出演の基軸を東海ラジオに移していた。

現在のレギュラー出演番組[編集]

  • 音楽無礼講(FM AICHI、2010年7月-)

過去の出演[編集]

テレビ番組[編集]

ラジオ番組[編集]

CM[編集]

  • キリンビール - 中京版のローカルCMに出演。
    • このCM出演以降、レギュラー番組を持っていなかった東海テレビで他局でも放送されている矢野が出演するCMが放送されているほか、不定期でインフォマーシャル形式のCMも放送されている。これは同じくレギュラーがなかった東海ラジオも同様にラジオCMが放送されている。
  • 衆議院選挙 - ラジオCM。愛知県選挙管理委員会。2009年度。全般的にはドアラが広報部長としてPRしていた。
  • アパマンショップ - 東海3県(愛知・岐阜・三重)向けにCMに出演。

執筆[編集]

関連項目[編集]

在名タレント・アナウンサー[編集]

  • 板東英二 - 野球解説者・タレント。『板東英二の虹スタ!』で、ともに司会を担当。
  • つボイノリオ - タレント・ラジオパーソナリティー。長年「憧れの人」と信奉する人物(『ツー快!』金曜のジングルである竹内まりやの『毎日がスペシャル』に倣って「スペシャルな人」と表現する場合もあり)の1人。10代の頃、つボイの番組に熱心に耳を傾けていたという。時折つぼイのラジオ番組に顔を出すことがあった。
  • 山浦ひさし - ラジオパーソナリティー。東海ラジオで初めてレギュラーとなった『矢野きよ実・山浦ひさし 太陽とバナナ』で、ともにメインパーソナリティを務めた。
  • 原光隆 - 東海ラジオアナウンサー。『矢野きよ実の朝は矢野流』のアシスタントを務めた。突っ込みや冷やかしを入れられることも多い(詳細は番組記事を参照)。
  • 中西直輝 - CBCアナウンサー。『あさパレ』で、共にパーソナリティを担当。『ツー快!』金曜にメインパーソナリティとして番組復帰した時にも、ニュース担当の名目でほぼ実質的にアシスト役を務めた。
  • 若狭敬一 - CBCアナウンサー。『ツー快!』金曜日の初代パートナー(事実上は中西の後継として参加)。両者による「罵倒合戦」は当番組の礎を築いた。後任のパートナー石井亮次(CBCアナウンサー)が番組を休んだ時には代役として参加することもあった。
  • タクマ - ラジオパーソナリティー。東海ラジオでは矢野の後続番組を担当しているほか、中村を通じて家族ぐるみで交流がある。

その他[編集]

  • 原田伸郎 - 朝日放送の音楽番組で初共演。『ツー快!』第1期(水曜担当時代)のメインパーソナリティで、長年「憧れの人」として信奉する人物の1人である。
  • 秋野暢子 - 姉と慕い、彼女も妹分と呼び、公式ブログにも度々矢野のおこなうイベントが取り上げられている。東京進出の仲介に入った人物の一人とされ、
  • 島田紳助 - 東京進出を仲介した人物の一人とされ、信奉するタレントの一人とされる。
  • 中川勝彦中川翔子 - 翔子の父の勝彦とはラジオなどの共演で親交があり、勝彦が亡くなった際に駆けつけた。『どですか!』で翔子のコンサート映像を見て、翔子が芸能界にデビューしたことを知った。後に、ラジオで翔子と共演する。
  • 嘉門達夫 - 別々の曜日であったが、『ラジオDEごめん』パーソナリティー時代から友人である。「矢野きよ実の朝は矢野流」でも時折ゲスト出演する。

脚注[編集]

  1. ^ ナゴヤフェア「名古屋弁トークバトル!」 矢野きよ実公式ページ 2009年8月12日
  2. ^ 「旅物語」毎日放送、「すとらびん式」関西テレビ、「ライブキング」→「オンガ・ダンガ」朝日放送、「矢野きよ実のLove Radio」ラジオ大阪
  3. ^ JAYWALK中村“妻”涙の激白 - 夕刊フジ 2010年3月19日閲覧 文中に前夫との長男に触れた箇所あり。
  4. ^ 中村容疑者“内縁”タレントは生放送欠席 - スポーツニッポン 2010年3月11日 閲覧
  5. ^ 矢野きよ実さん出演見合わせ、中村容疑者逮捕でコメント朝日新聞2010年3月11日
  6. ^ “内縁”タレント 捜査終了まで活動自粛か - スポーツニッポン 2010年3月12日 閲覧
  7. ^ 2010年3月記事 矢野きよ実公式ページ
  8. ^ タレント・矢野きよ実が早期の肺腺がん「突然のことで驚いてます」 oricon 2013年7月3日

外部リンク[編集]