矢部達哉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
矢部達哉
生誕 (1968-02-05) 1968年2月5日(49歳)
出身地 日本の旗 日本東京都
学歴 桐朋学園大学
ジャンル クラシック音楽
担当楽器 ヴァイオリン
共同作業者 東京都交響楽団

矢部達哉やべ たつや1968年2月5日 - )は、東京生まれのヴァイオリニストである。夫人はソプラノ歌手の澤畑恵美

経歴[編集]

5歳より、鈴木鎮一才能教育でヴァイオリンを始め、1978年より江藤俊哉に師事。1989年、桐朋学園大学ディプロマコースを修了した。同年、東京国際音楽コンクール室内楽部門優勝、斎藤秀雄賞、アサヒビール賞を受賞し、サイトウ・キネン・オーケストラに初参加。1990年、22歳で東京都交響楽団ソロ・コンサートマスターに就任する。

1993年、ジャパン・チェンバー・オーケストラのコンサートマスターに就任。1995年、第5回出光音楽賞を受賞。1996年5月、デビューCD「ソット・ヴォーチェ」をリリース。1996年、村松賞、第1回ホテルオークラ賞を受賞した。2004年4月、上野学園大学音楽・文化学部の教授に就任。

演奏活動[編集]

ソリストとして、これまでに朝比奈隆小澤征爾若杉弘フルネクレーデプリーストインバルベルティーニなどの指揮者と共演している。また、リサイタルでは、1999年~2000年にバッハ無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ全曲演奏会を行った。ピアニストの横山幸雄、田部京子らと共演を重ね、室内楽においてはムスティスラフ・ロストロポーヴィチヨーヨー・マらと共演、Kitaraホールカルテット(1997-2007)、京都アルティ弦楽四重奏団の一員として活動している。

クラシック以外での活動[編集]

1997年、NHK連続テレビ小説あぐり」のタイトル曲のソロ演奏を担当。1999年11月、江守徹が主催する言の葉コンサートシリーズで川端康成生誕100年記念「朗読とヴァイオリン演奏による川端康成の世界」に共演。2003年12月、NHKテレビ放送50周年記念ドラマ「川、いつか海へ」の音楽(岩代太郎作曲)演奏を担当。2004年、松本孝弘B'z)が東京都交響楽団と共演したことをきっかけに、松本のCD「House Of Strings」に参加。

レコーディング[編集]

  • ソット・ヴォーチェ(1996年5月、ソニークラシカル、ピアノ:若林顕
クライスラー:クープランの様式によるルイ13世の歌とパヴァーヌ
クライスラー:フランクールの様式によるシチリアーノとリゴドン
ラフマニノフ:ヴォカリーズ
フォーレ:子守歌
マスネ:タイスの暝想曲
ドビュッシー:亜麻色の髪の乙女
ドビュッシー:ヴァイオリンとピアノのためのソナタ
クライスラー:ベートーヴェンの主題によるロンディーノ
クライスラー:プニャーニの様式による前奏曲とアレグロ
ラヴェル:フォーレの名による子守歌
ストラヴィンスキー:イタリア組曲
  • 「あぐり」オリジナル・サウンドトラック(1997年6月、ソニークラシカル)
  • エシェゾー(1997年9月、ソニークラシカル、ピアノ:横山幸雄)
フランク:ヴァイオリン・ソナタ
フォーレ:ヴァイオリン・ソナタ第1番
フォーレ:夢のあとに
ドビュッシー:美しい夕暮れ
  • レザムルーズ(1998年11月、ソニークラシカル、ピアノ:横山幸雄)
ルクー:ヴァイオリン・ソナタ
フォーレ:ネル
フォーレ:月の光
ラヴェル:ヴァイオリン・ソナタ
ドビュッシー:私の心に涙がふる
ドビュッシー:ロマンス
  • ツィゴイネルワイゼン(2000年1月、ソニークラシカル、沼尻竜典指揮東京都交響楽団)
サラサーテ:ツィゴイネルワイゼン
ラヴェル:ツィガーヌ
サン=サーンス:序奏とロンド・カプリチオーソ
マスネ:タイスの瞑想曲
クライスラー:ヴィヴァルディの様式による協奏曲
ニュー・シネマ・パラダイス~メインテーマ/愛のテーマ
ミッション~ガブリエルのオーボエ
心澄みやかなるヴァイオリン弾き
モリコーネが矢部達哉のために書いた作品である。
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ~デボラのテーマ
マレーナ~マレーナ
ニュー・シネマ・パラダイス~過去と現在
海の上のピアニスト~愛を奏でて
カノネ・インヴェルソ~テーマ・ダモーレ・ディスペラート
クアルティエレ~ロマンツァ・クアルティエレ
心澄やかなるヴァイオリン弾き(デュオ・バージョン)
  • 松本孝弘:House Of Strings(2004年11月、バーミリオン)
恋歌
2曲ともヴァイオリン・ソロを担当。

外部リンク[編集]