矢田橋梁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
南東側より撮影(2014年9月)
北西側より撮影(2014年9月)

矢田橋梁(やだきょうりょう)は、愛知県名古屋市東区瀬戸街道(愛知県道61号名古屋瀬戸線・愛知県道15号名古屋多治見線との重複区間)に架かる名古屋鉄道瀬戸線鉄道橋である。

概要[編集]

大曽根駅 - 矢田駅間の瀬戸街道に架かる全長約27mの橋梁である。

本橋梁は瀬戸線で唯一のトラス橋であり、矢田駅の西側に位置する。また、北側には瀬戸街道をパスする道路橋および歩道橋が隣接している。

瀬戸街道が瀬戸線をアンダーパスするために、瀬戸電気鉄道(現・名古屋鉄道)により1937年(昭和12年)9月に設計され、名古屋鉄道により太平洋戦争中の1942年(昭和17年)頃に架設された。瀬戸街道は本橋梁下の掘割を通る形となっている[1]

  • 供用: 1942年(昭和17年)頃
  • 延長: 約27m 複線式
  • 構造: 鋼下路プラットトラス桁1連
  • 区間: 愛知県名古屋市東区大幸一丁目~東区矢田四丁目

その他[編集]

  • ナゴヤドームで野球の試合がある日は、矢田駅で下車した利用客がこのトラス橋を潜っていく。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 桁下が4.4mとなっている。

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度11分38.5秒 東経136度56分48.1秒