矢田寺 (京都市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
矢田寺
矢田寺(京都)
所在地 京都府京都市中京区寺町通三条上る天性寺前町523
位置 北緯35度00分32.0秒 東経135度46分02.1秒 / 北緯35.008889度 東経135.767250度 / 35.008889; 135.767250座標: 北緯35度00分32.0秒 東経135度46分02.1秒 / 北緯35.008889度 東経135.767250度 / 35.008889; 135.767250
山号 金剛山
宗派 西山浄土宗
本尊 地蔵菩薩
創建年 平安時代初期
開基 満慶
正式名 金剛山矢田寺
別称 矢田地蔵尊
生身地蔵
代苦地蔵
代受苦地蔵
那落化現地蔵
奈落化現地蔵
札所等 洛陽四十八願所地蔵めぐり第28番
文化財 矢田地蔵縁起絵巻(重要文化財)
法人番号 2130005000633 ウィキデータを編集
矢田寺 (京都市)の位置(京都市内)
矢田寺 (京都市)
テンプレートを表示

矢田寺(やたでら)は、京都府京都市中京区にある西山浄土宗の寺院。通称矢田地蔵(やたじぞう)と呼ばれる。

概要[編集]

平安時代初期、奈良の矢田寺の別院として五条坊門に創建され、以後、寺地を転々とし、天正7年(1579年)に現在地に移されたといわれている[1]

送り鐘[編集]

当寺の梵鐘は六道珍皇寺の「迎え鐘」に対し、「送り鐘」と呼ばれ、死者の霊を迷わず冥土へ送るために撞く鐘として信仰される。

正平14年(1359年)に鋳造された梵鐘は戦時中の金属供出により失われ、昭和48年(1973年)に新鋳された。

行事[編集]

  • 節分(2月3日)
  • 花まつり(4月8日)
  • 精霊送り鐘供養(8月16日)
  • かぼちゃ供養(12月23日)

文化財[編集]

重要文化財[編集]

  • 紙本著色矢田地蔵縁起 2巻[2]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 矢田寺(矢田地蔵尊)”. 京都観光Navi. 2019年7月1日閲覧。
  2. ^ 明治32年8月1日内務省告示第88号

外部リンク[編集]