矢崎美盛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

矢崎 美盛(やざき よしもり、1895年8月13日 - 1953年4月7日)は日本の哲学者美術史家

来歴[編集]

山梨県東山梨郡八幡村(現山梨市)出身。東京帝国大学卒。フランス、ドイツ、イタリアに留学し、1925年法政大学教授、九州帝国大学教授ののち、1948年東京大学文学部教授となり美学、美術史を講じたが、病気のため52年辞職、翌年死去した。

著書[編集]

  • 『現代哲学思潮』改造社 1923
  • 『西洋哲学史』文信社, 1927
  • ヘーゲル精神現象論』岩波書店(大思想文庫) 1936
  • 『様式の美学』創元社 1944
  • 『唯物論史』斎藤書店, 1948
  • 『アヴェマリア マリアの美術』岩波書店 1953

共著[編集]

外部リンク[編集]