矢岳高原

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
矢岳高原 
標高 700 m
所在地 宮崎県えびの市
熊本県人吉市
位置 北緯31度54分31.49秒
東経130度55分13.14秒
種類 高原
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

矢岳高原(やたけこうげん)は宮崎県えびの市北西部から熊本県人吉市にかけて広がる矢岳山(739m)付近の高原1966年(昭和41年)12月24日に宮崎県の自然公園矢岳高原県立自然公園 面積668.0km2)に指定された。平均標高は約700m。

地理・特徴[ソースを編集]

霧島火山形成前の火山活動によってできた加久藤カルデラ外輪山で、新第三紀鮮新世の加久藤安山岩類よりなる。北部の傾斜は緩やかだが南部の加久藤盆地側は急崖をなす。そのためかつてはえびの市 - 人吉市間の交通の難所だった。JR肥薩線ループスイッチバックなどが見られる。山麓には吉田温泉が湧出する。

観光[ソースを編集]

矢岳高原の頂上はパラグライダーの基地となっており、毎年8月第3日曜日にはえびの市観光協会などの主催で矢岳高原観光祭(ブルースカイフェスタ)が開催され、 パラグライダー大会、各種レクリエーション大会が行われている。肥薩線の列車の窓から観る景観は日本三大車窓のひとつに数えられている。展望台には童話作家野口雨情が昭和10年に矢岳高原を訪れ「雨の知らせか霧島山に、雲がまた来てまたかかる」と霧島連山の展望を歌った歌碑がある。ウエスタンスタイルのオートキャンプ場もある。

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]