矢吹秀一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

矢吹 秀一(やぶき しゅういち / ひでかず、1849年12月9日嘉永2年10月25日[1] - 1909年(明治42年)12月16日[2])は、日本の陸軍軍人。旧名恒蔵陸軍中将勲一等男爵

経歴[編集]

本籍静岡県一橋家家臣の子弟として江戸浅草に生まれ、家臣として徳川慶喜に仕えた。その後幕府陸軍に転じてフランス式兵学を学び幕府の歩兵差図役下役を務め、慶応4年(1868年)1月の鳥羽・伏見の戦いに従軍し負傷した。維新後は沼津兵学校に学び、明治4年(1971年)に退校して陸軍に奉職した。

1886年(明治19年)5月、陸軍省工兵局次長となる。1887年(明治20年)6月、工兵局長に進み、1889年(明治22年)11月、工兵大佐に昇進。1890年(明治23年)3月、軍務局工兵事務課長に就任し、同年8月、工兵監に転じた。1894年(明治27年)9月、第1軍工兵部長に発令され日清戦争に出征。鴨緑江架橋を成し遂げている[3]

1895年(明治28年)1月、陸軍少将に進級し、1898年(明治31年)1月、再び工兵監に就任。1900年(明治33年)4月、陸軍中将に進んで翌年7月に休職となった。

1904年(明治37年)10月、日露戦争では留守第1師団長として復帰し、1906年(明治39年)3月には第1師団司令部付となり、同年4月に休職。1907年(明治40年)3月2日に予備役編入となり[4]、同年9月21日、軍功により男爵位を授けられた。

栄典[編集]

位階
勲章等
外国勲章佩用允許

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 平成新修旧華族家系大成』下巻(霞会館、1996年)p.763
  2. ^ 『平成新修旧華族家系大成』下巻では12月17日。
  3. ^ 『旧幕臣の明治維新』138頁。
  4. ^ 『官報』第7100号、明治40年3月4日。
  5. ^ 『官報』第2551号「叙任及辞令」1892年1月4日。
  6. ^ 『官報』第3498号「叙任及辞令」1895年3月1日。
  7. ^ 『官報』第5029号「叙任及辞令」1900年4月11日。
  8. ^ 『官報』第7140号「叙任及辞令」1907年4月22日。
  9. ^ 『官報』第1933号「叙任及辞令」1889年12月6日。
  10. ^ 『官報』第2828号「叙任及辞令」1892年11月30日。
  11. ^ 『官報』第3644号「叙任及辞令」1895年8月21日。
  12. ^ 『官報』第3824号・付録「辞令」1896年4月1日。
  13. ^ 『官報』第5072号「叙任及辞令」1900年6月1日。
  14. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1907年1月28日。
  15. ^ 『官報』第7272号「授爵敍任及辞令」1907年9月23日。
  16. ^ 『官報』第684号「叙任」1885年10月9日。
  17. ^ 『日本人名大辞典』1950頁。

参考文献[編集]

  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操 編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • 樋口雄彦『旧幕臣の明治維新 - 沼津兵学校とその群像』吉川弘文館、2005年。ISBN 4-642-05601-7
  • 上田正昭 他『日本人名大辞典』講談社、2001年。


日本の爵位
先代:
叙爵
男爵
矢吹(秀一)家初代
1907年 - 1909年
次代:
矢吹省三