矢十字

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
矢十字

矢十字(やじゅうじ、英語: arrow cross)またはクロスバーディ英語: cross bardy)は、十字紋章の1つで、アームの終端がの形状になっているもの。矢印十字とも呼ばれる。

キリスト教の分野では、この矢印は釣り針のかえし、またはを意味し、初期キリスト教でキリストを表す魚形の像を象徴している。

近代では、この図案はハンガリーの過激勢力によりシンボルとして使用され、1930年代から1940年代にかけて矢十字党のシンボルとして党旗などに使用された。その図案には白い円の中に矢十字が配置されたものもあり、ナチスハーケンクロイツの図案と酷似していた。そのためこの図案は第二次世界大戦後にハンガリーでは非合法化された。[1]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]