矢作神社 (八尾市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
矢作神社
Yahagi-jinja (Yao), keidai.jpg
境内
所在地 大阪府八尾市南本町6-6-72
位置 北緯34度37分6.8秒 東経135度36分27.4秒 / 北緯34.618556度 東経135.607611度 / 34.618556; 135.607611
主祭神 経津主命
社格 式内社(小)
郷社
創建 (伝)平安時代801年-900年
本殿の様式 流造
例祭 夏祭り(7月30日、31日)
秋祭り(10月20日、21日)
テンプレートを表示

矢作神社(やはぎじんじゃ)は、大阪府八尾市南本町にある神社式内社で、旧社格郷社

別宮八幡」とも称するほか、「矢作」は「やつくり」とも読む。

概要[編集]

当地は、元は物部氏の傍系一族である矢作連の屋敷跡であったとされ、神社は矢作連の氏神である。

11世紀に石清水八幡宮の掃部別宮(八尾掃部別宮)となり、江戸時代には石清水八幡宮の掃部奉仕をしている。別宮八幡といわれる所以である。

境内には大きなクスノキが数本茂っている。また、社前の大きな銀杏の木は幹に乳房状の突起が多数あり、この樹皮を煎じて飲むと母乳がよく出るとの言い伝えがある。

当社には境内から出土したとされる「三角縁神獣鏡」が伝わっており、八尾市指定有形文化財となっている。

祭神[編集]

主祭神
配神

境内[編集]

摂末社[編集]

  • 琴平神社 - 大物主命
  • 白山神社 - 菊理姫命、豊玉姫命
  • 八坂神社 - 素戔嗚尊
  • 稲荷神社 - 稲荷大神

祭事[編集]

  • 夏祭り - 7月30日、31日
  • 秋祭り - 10月20日、21日

文化財[編集]

八尾市指定文化財[編集]

  • 有形文化財
    • 三角縁神獣鏡 - 所有者は個人。大阪市立美術館保管。1993年(平成5年)3月31日指定[1]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 大阪府内指定文化財一覧表(大阪府ホームページ)の八尾市ファイルより。

外部リンク[編集]