矜羯羅童子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

矜羯羅童子(こんがらどうじ)[1]、梵名キンカラ(Kiṃkara[2])は、不動明王の眷属、八大童子の第7番目である。

概要[編集]

運慶作 高野山

不動三尊において、制多迦童子 (Ceṭaka) と共に不動明王の脇侍を務める。通常は不動明王の左(向かって右)に位置する。

矜羯羅」とは、サンスクリットで疑問詞の矜 (kiṃ) と、「作為」の意味である羯羅 (kara) を合わせたもので、直訳すれば「何をするべきかを問い、その命令の通りに動く」という意味であり、奴僕や従者を指す普通名詞であるが、矜羯羅童子の場合は不動明王の奴僕三昧を表すとともに、仏法に対して恭敬であるさまを意味している。

十五歳ほどの童子の姿をしており、蓮華冠をつけ、肌は白肉色である。合掌した親指と人差し指の間に独鈷杵をはさんで持つ。天衣と袈裟を身に着けている。

真言・種子・三昧耶形[編集]

真言[編集]

「オン ダラマ コンガラ チシュタ サラ」
(oṃ dharma koṃgla tiṣṭa sra)

種子[編集]

種子(種子字)はタラ(tra)、あるいはコン(koṃ)、またはコンガラ(koṃgla)。

三昧耶形[編集]

三昧耶形金剛杵、あるいは蓮華

作例[編集]

  • 京都青蓮院の不動明王図「青不動」
  • 高野山明王院の不動明王図「赤不動」
  • 高野山金剛峰寺の不動八大童子像 (の内1躯。写真)

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ 村上重良 『日本宗教事典』、1988年ISBN 1-06-158837-0,p.246
  2. ^ 新潮社 『新潮世界美術事典』 新潮社、1985年ISBN 4-10-730206-7p.1266, 「不動明王」の項