矛盾脱衣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

矛盾脱衣(むじゅんだつい、英:paradoxical undressing)または逆説的脱衣とは、凍死者が裸の状態で発見されること、または寒い環境の中で脱衣してしまう異常行動のこと。

原因・メカニズム[編集]

恒温動物である人間は、あまりに寒い環境下に長時間いると、体温の熱量は外気に奪われ、その結果体温が下がる。体温が一定以下に下がると、体は生命の維持のためにそれ以上の体温低下を阻止しようとして、熱生産性を高め、皮膚血管収縮によって熱放散を抑制することにより、体内から温めようとする働きが強まる。このとき、体内の温度と外部の気温(体感温度)との間で温度差が生じると、極寒の環境下にもかかわらず、まるで暑い場所にいるかのような錯覚に陥り、衣服を脱いでしまうといわれる。

法医学では、これはアドレナリン酸化物幻覚作用によるとも、体温調節中枢の麻痺による異常代謝によるとも説明している。

症例[編集]

遭難した登山者が凍死状態で発見されるとき、着衣を脱いだ状態で発見されることがある。また、終末期の異常行動の一例として、タンスの中や火のついていない掘りゴタツの中など狭い空間に潜り込んだ状態で発見され、捜査員を困惑させることがある。これについては、hide-and-die syndromeと呼ばれる。

雪山に限らず、脱衣した状態で凍死した例は世界各国で何件か見つかっている。

日本でも、過去に服を身につけない状態で凍死した事例が37件発見されており、「矛盾脱衣」が原因だと考えられているが、全員死亡が多く、実際の状況について詳しい状況は判明していない例が多いが、八甲田雪中行軍遭難事件の例では、当時の生存者の小原伍長の証言から、詳しく経緯が解明されている[1]

脚注[編集]

  1. ^ 八甲田山 消された真実”. 山と渓谷社. 2018年1月17日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]