瞳に約束

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
瞳に約束
渡辺美奈代シングル
初出アルバム『アルファルファ
B面 少しおませな恋
リリース
ジャンル アイドル歌謡曲
レーベル CBSソニー
作詞・作曲 作詞: 秋元康
作曲: 後藤次利
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 1986年度年間46位(オリコン)[1]
  • 5位(ザ・ベストテン
  • 1986年度年間100位(ザ・ベストテン)
  • 6位(歌のトップテン)
渡辺美奈代 シングル 年表
瞳に約束
(1986年)
雪の帰り道
(1986年)
テンプレートを表示

瞳に約束」(ひとみにやくそく)は、1986年7月16日にリリースされた、渡辺美奈代のデビュー・シングルCBSソニーより発売された。

解説[編集]

  • この曲でおニャン子クラブから8人目のソロデビューを果たしたが、どこか垢抜けしない60年代ポップス調のスローテンポなイントロや乙女チックなベタな歌詞など、先発ソロデビュー組とはやや趣きの異なる異色のデビュー曲となった。
  • 唯一シングル売上20万枚を突破し、最大のヒット曲となった(20.2万枚)。
  • 1986年7月5日、デビュー前イベントとして、日本武道館にて「美奈代 The First and Last Touch in 武道館」公演が開催された。「瞳に約束」の予約申し込み者20万人のうち、入場希望者5万人の中から抽選で当選した12,000名が参加できた。この時点ではまだ持ち歌がほとんどなく、ミニコンサートで8曲歌ったが、持ち歌は2曲だけだった。デビュー前11日の武道館公演は、少年隊が持っていたデビューから約半月後の最短記録を更新した。おニャン子クラブのソロデビューキャンペーンとしては、2月によみうりランド オープンシアターEASTに7,000人を集めた国生さゆりが持つ従来の最高記録を更新した。[2]ただし、ソロでのコンサートとしては、2年後の「ZENBU MINAYO」が初コンサートとなった。映画「おニャン子ザ・ムービー 危機イッパツ!」の中でイベントの模様の一部が映画のシーンとして使用されている。
  • ライブDVD「Minayo Watanabe 25+2 Anniversary Live」のインタビューの中で、自分の楽曲の中で一番印象に残っている曲だと語っている。

収録曲[編集]

  1. 瞳に約束(4:15)
  2. 少しおませな恋(4:00)
    • 作詞: 秋元康、作曲・編曲: 後藤次利

収録作品[編集]

CD

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 別冊宝島2611『80年代アイドルcollection』p.38.
  2. ^ 『史上初!ナント、デビュー前に武道館公演!おニャン子クラブ8人目のソロ 渡辺美奈代の「型破りなアイドル度」!』 (週刊平凡) 1986年7月25日号 閲覧。