真魚八重子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

真魚 八重子(まな やえこ)は、日本の映画評論家・映画ライター。愛知県生まれ。 大学で宗教学を専攻後、名古屋シネマテークで映写技師の仕事に就く。 2005年に名古屋シネマテークを退職後、上京。現在は映画評論家として活動する。 『映画秘宝』や朝日新聞映画欄、ハニカム他で執筆。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『映画系女子がゆく!』(青弓社) 2014
  • 『映画なしでは生きられない』(洋泉社) 2016
  • 『バッドエンドの誘惑〜なぜ人は厭な映画を観たいと思うのか〜』(洋泉社) 2017

共著[編集]

  • 『日本映画は生きている 監督と俳優の美学』(岩波書店)
  • 『江戸川乱歩映像読本』(洋泉社)
  • 『心が疲れたときに観る映画』(立東舎)

ほか多数。

脚注[編集]

外部リンク[編集]