真骨類

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
真骨魚類から転送)
真骨類 Teleostei
エルンスト・ヘッケル著 Kunstformen der Natur (1904)より
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
上綱 : 顎口上綱 Gnathostomata
: 硬骨魚綱Osteichthyes
亜綱 : 条鰭亜綱 Actinopterygii
階級なし : 新鰭類 Neopterygii
下綱 : 真骨下綱 Teleostei
下位分類群
(本文参照)

真骨類しんこつるい)は魚類の系統群。真骨魚類とも呼ばれる。分類階級は真骨下綱(Teleostei)。条鰭類の中の3つの大きなグループである軟質類全骨類・真骨類のうち最も後になって出現した。

真骨類は、現生魚類の中の多数を占めるグループで、40 近いと2 万にも及ぶを含む。

解剖学的特徴[編集]

骨格は完全に化骨し、菱形硬鱗ではなく軽量化された薄い円鱗となっている。尾は正形尾で、多く尾軸下骨を持つ。上顎骨は頬部から遊離して、「高等な」群では上顎骨がただの棒状骨になり、口吻全体を突き出すことが可能となっている。

分類(2006年時点)[編集]

以下、亜区および上目のリスト。なお、分類体系はNelson の分類による。


系統樹[編集]

真骨類
カライワシ上目 Elopomorpha

カライワシ目 Elopiformes

ソトイワシ目 Albuliformes

ソコギス目 Notacanthiformes

ウナギ目 Anguilliformes

アロワナ上目

ヒオドン目 Hiodontiformes

アロワナ目 Osteoglossiformes

Osteoglossomorpha
Clupeocephala
Otocephala
Clupei

ニシン目 Clupeiformes

Alepocephali

セキトリイワシ目 Alepocephaliformes

Ostariophysi
Anotophysa

ネズミギス目

骨鰾上目

コイ目 Cypriniformes

カラシン目 Characiformes

デンキウナギ目 Gymnotiformes

ナマズ目 Siluriformes

Otophysa
230 mya
Euteleostei

レピドガラキシアス目 Lepidogalaxiiformes

原棘鰭上目

ニギス目 Argentiniformes

ガラクシアス目 Galaxiiformes

カワカマス目 Esociformes

サケ目 Salmoniformes

Protacanthopterygii
Stomiati

ワニトカゲギス目 Stomiiformes

キュウリウオ目 Osmeriformes

Neoteleostei

シャチブリ目 Ateleopodiformes

ヒメ目 Aulopiformes

ハダカイワシ目 Myctophiformes

Acanthomorpha

アカマンボウ目 Lampriformes

側棘鰭上目

サケスズキ目 Percopsiformes

マトウダイ目 Zeiformes

ステューレポルス目 Stylephoriformes

タラ目 Gadiformes

Paracanthopterygii

ギンメダイ目 Polymixiiformes

棘鰭上目

キンメダイ目 Beryciformes

ヒウチダイ目Trachichthyiformes

イットウダイ目 Holocentriformes

スズキ類 Percomorpha

Acanthopterygii
Teleostei

参考文献[編集]

  • E.H.コルバート 『脊椎動物の進化』 築地書館 2004 ISBN 4806712957
  • Joseph S. Nelson, Fishes of the world, 4th edition: Wiley, 2006 ISBN 0471250317

関連項目[編集]

外部リンク[編集]