真鍋重命

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

真鍋 重命(まなべ しげなが、1934年 - )は真言宗僧侶人工知能研究員。主な著書に「僕たちの戦争」がある。

略歴[編集]

1934年(昭和9年)、東京都に生まれる。東京都新宿区立落合第四小学校を卒業。小学校4年生の時に集団疎開により茨城県群馬県に疎開。

小野測器製作所(現在の小野測器)創業時の1号社員となる。

工学院大学生産機械工学科の助手になり、人工知能の研究(画像識別)や流体素子の研究(近接物体の検知・人工心臓の駆動)に従事。

その後、デジタル工業を創業し、社長に就任。画像識別技術を応用したAKITUシリーズのマイコンの制作・販売、寸法形状の自動検査装置の開発、ビン・缶などの異物検出装置の開発、掌紋照合による個人識別装置の開発(関西電力へ提供)、動燃ウラン用遠心分離装置の性能改善等の業務を行う。

また、映像処理研究会を創立し、初代会長に就任し、マイコン業界における社会的啓蒙活動を行う。

退職後は、高野山真言宗弥勒寺住職。 

2013年、著書である「僕たちの戦争」(ナレーション:田中久美子、音楽:立石勇気)が新宿区教育委員会の後援を得て映像化。新宿区内ほか小中学校の平和授業の教材として採用される。

日本テレビプロデューサー、元東海大学教授の加藤久晴・音楽家の立石勇気と共に「大6シネマ」を主宰。平和について考える映像作品を制作している。