真鍋斌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
真鍋斌

真鍋 斌(まなべ あきら/さかり、1851年3月7日嘉永4年2月5日) - 1918年12月14日)は、日本の陸軍軍人政治家。最終階級は陸軍中将貴族院議員男爵。幼名・熊槌。

経歴[編集]

長州藩中士・真鍋安信の長男として生まれる。明倫館で学び、1866年、干城隊に入隊。1870年、大坂兵部省屯所に入営し、1871年、陸軍青年学舎を卒業。陸軍教導団出仕を経て、1872年、陸軍少尉任官。以後、陸軍兵学寮付、陸軍省第1局第3課などを経て、1877年4月から10月まで西南戦争に出征した。

陸軍省第1局第3課長心得、総務局武学課長、同局第3課長心得、同課長、歩兵第3連隊長、第1軍事課長、第4師団参謀長、第1軍事課長、総務局人事課長などを歴任し、1897年7月、陸軍少将に進級。1900年7月から10月まで義和団の乱に歩兵第9旅団長として出征した。その際、清国馬蹄銀を横領した嫌疑が明るみとなり、1902年6月に休職となった(馬蹄銀事件)。将来の陸軍大臣とも嘱望されていたが、その道は馬蹄銀事件により閉ざされた。1904年4月、留守第5師団長を経て、1905年2月、陸軍中将となり翌年7月に休職、1907年11月13日、予備役に編入された[1]1914年4月1日、後備役となる[2]1918年4月1日に退役した[3]

1907年9月、男爵を叙爵し華族となり、貴族院議員(1911年7月 - 1918年7月)、陸軍参政官1915年7月 - 1916年10月)を歴任。

栄典[編集]

位階
勲章等


外国勲章佩用允許

親族[編集]

  • 養子 真鍋十蔵(司法官)
  • 娘婿 小出覚之助(陸軍少佐)・林二輔(陸軍少将)

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第7315号、明治40年11月14日。
  2. ^ 『官報』第503号、大正3年4月6日。
  3. ^ 『官報』第1701号、大正7年4月8日。
  4. ^ 『官報』第2551号「叙任及辞令」1892年1月4日。
  5. ^ 『官報』第4081号「叙任及辞令」1897年2月12日。
  6. ^ 『官報』第5619号「叙任及辞令」1902年4月1日。
  7. ^ 『官報』第7337号「叙任及辞令」1907年12月11日。
  8. ^ 『官報』第1317号「叙任及辞令」1916年12月21日。
  9. ^ 『官報』第1912号「叙任及辞令」1918年12月17日。
  10. ^ 『官報』第1936号「叙任及辞令」1889年12月10日。
  11. ^ 『官報』第2828号「叙任及辞令」1892年11月30日。
  12. ^ 『官報』第3693号「叙任及辞令」1895年10月19日。
  13. ^ 『官報』第3824号・付録「辞令」1896年4月1日。
  14. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1907年1月28日。
  15. ^ 『官報』第7272号「授爵敍任及辞令」1907年9月23日。
  16. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。
  17. ^ 『官報』第5948号「叙任及辞令」1903年5月4日。

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。

関連項目[編集]


日本の爵位
先代:
叙爵
男爵
真鍋(斌)家初代
1907年 - 1918年
次代:
真鍋十蔵