真鍋大度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

真鍋 大度(まなべ だいと、1976年 - )は、日本のメディアアーティストプログラマーデザイナー映像作家DJVJ。株式会社Rhizomatiks(ライゾマティクス)取締役、Rhizomatiks Research代表。

プロフィール[編集]

1976年、東京都で生まれる[1]。父親はジャズベーシスト、母親はシンセサイザーの音色を作成する仕事をしていた[2]東京理科大学理学部数学科卒業後、大手電機メーカーにシステムエンジニアとして入社する[1]。その後に友人からITのベンチャー企業に誘われ転職するが、半年で退社した[2]。2002年、IAMAS(岐阜県立国際情報科学芸術アカデミー)に進学し、プログラミングを用いた表現を学んだ。2006年、株式会社Rhizomatiks(ライゾマティクス)を設立し、2008年に石橋素とハッカーズスペース「4nchor5 La6」(アンカーズラボ) を設立した。2009年、世界的なメディアアートのコンペティション「Prix Ars Electronica」の審査員を務めた。2012年、NHK杯国際フィギュアスケート競技大会のエキシビジョンにて浅田真央羽生結弦が滑ると、鮮やかなピンクや黄色、紫の線が後を追いかけるように描かれていくシステムを開発した。2012年、第63回NHK紅白歌合戦にてPerfumeの演出を担当[3]。2013年、2020年東京オリンピック招致のためのプレゼンテーション映像を制作、太田雄貴選手の剣先の動きを映像化する演出企画、プログラミングを担当した[4]。2014年、アップルのMac誕生30周年スペシャルサイト「Thirty Years of Mac」では、11人のキーパーソンの内の1人に選出された[5]、2014年での2020年東京オリンピックのエンブレムのデザイン選考では審査員を務め[6]、2015年PerfumeSXSWでのライブのテクノロジー部分の企画、及びディレクションを担当し、国際的にも高い評価を受けた[7][8][9]。 2015年のビョークのミュージックビデオ「Mouth Mantra」では360 Technical & Visual Development Directorを務めた[10]

主な作品・受賞[編集]

  • electric stimulus to face(真鍋大度/照岡正樹)
  • LED in my mouse(真鍋大度/石橋素/柳澤知明)
  • scoreLight(Alvaro CASSINELLI/真鍋大度/栗原優作/Alexis ZERROUG)
  • NIKEiD. GENERATOR(柿並俊介/井上聡/石原和/松原康雄/鈴木大栄/辻修平/宮下暁/渡辺英輝/齋藤精一/真鍋大度/寺嶋徹/松浦寿悟/飯田建一)
  • NIKE MUSIC SHOE(大野真吾/何直己/六反孝幸/フランク・ハーン/伊藤直樹/関根光才/斉藤精一/高橋聡/真鍋大度/柳沢知明)
    • Cannes Lions 2010/Film Craft Lions/Silver
    • Cannes Lions 2010/Film Lions/Bronze
    • ADFEST 2011/Cyber Lotus/Gold
    • ADFEST 2011/Film Craft Lotus/Silver
    • 第9回 東京インタラクティブ・アド・アワード/Online Video/Gold
    • 第9回 東京インタラクティブ・アド・アワード/Website Product/Silver
    • New York Festivals Awards 2011/ART TECHNIQUE: Interactive/Gold
    • New York Festivals Awards 2011/DIGITAL & INTERACTIVE: Online Advertising Product & Service/Silver
    • One Show 2011/Craft/Gold
    • One Show 2011/Online Films And Video/Silver
  • particles(真鍋大度/石橋素)
    • 第15回 文化庁メディア芸術祭/アート部門/優秀賞
    • Prix Ars Electronica 2011/Interactive Art/Award of Distinction(準グランプリ)
  • Perfume Global Site Project(真鍋大度/MIKIKO/中田ヤスタカ/堀井哲史/木村浩康)
    • 第16回 文化庁メディア芸術祭/エンターテインメント部門/大賞
    • Cannes Lions/Cyber Lions/Silver
    • Prix Ars Electronica 2013/Interactive Art/Honorary Mentions
    • グッドデザイン賞 2013/未来づくりデザイン賞
  • Sound of Honda / Ayrton Senna 1989(菅野薫/保持壮太郎/大来優/キリーロバ・ナージャ/米澤香子/関根光才/澤井妙治/真鍋大度)
    • 第17回 文化庁メディア芸術祭/エンターテインメント部門/大賞
    • Cannes Lions/Titanium & Integrated Lions/Grand Prix
    • Cannes Lions/Film Lions/Gold
    • Cannes Lions/Cyber Lions/Gold & Silver
    • Cannes Lions/Promo & Activation Lions/Gold & Silver
    • Cannes Lions/Direct Lions/Gold & Silver
    • Cannes Lions/Outdoor Lions/Gold & Bronze
    • Cannes Lions/Design Lions/Silver & Bronze
    • Cannes Lions/Branded Content & Entertainment Lions/Silver
    • Prix Ars Electronica/Interactive Art/Honorary Mentions
    • ADFEST 2014/Interactive Lotus/Grand Prix
    • ADFEST 2014/Promo Lotus/Grand Prix
    • ADFEST 2014/Integrated Lotus/Grand Prix
    • 第93回 NYADC(New York Art Directors Club)/ADVERTISING AMBIENT/Silver
    • D&AD Awards 2014(British Design & Art Direction)/Crafts for Advertising/Black Pencil(最高賞) & Yellow Pencil(部門賞)
    • D&AD Awards 2014(British Design & Art Direction)/Yellow Pencil(部門賞)
    • One Show 2014/Data and Human Experience/Gold
    • Spikes Asia 2014/Digital/Grand Prix, Gold & Silver
    • Spikes Asia 2014/Film/Grand Prix
    • Spikes Asia 2014/Outdoor/Grand Prix & Bronze
    • Spikes Asia 2014/Promo & Activation/Grand Prix & Silver
    • Spikes Asia 2014/Branded Content & Entertainment/Gold
    • Spikes Asia 2014/Design/Silver
    • Spikes Asia 2014/Direct/Silver & Bronze
    • Spikes Asia 2014/Radio/Silver
    • 第54回 ACC CM FESTIVAL/インタラクティブ部門/グランプリ
    • 第54回 ACC CM FESTIVAL/テレビCM部門/ゴールド
    • 第54回 ACC CM FESTIVAL/ラジオCM部門/ゴールド
    • グッドデザイン賞 2014/グッドデザイン金賞
  • traders(真鍋大度/堀井哲史/比嘉了/登本悠介/徳井直生/澤井妙治)
  • センシング・ストリームズ ―不可視、不可聴(坂本龍一/真鍋大度)
    • 第18回 文化庁メディア芸術祭/アート部門/優秀賞

主なテレビ出演[編集]

外部リンク[編集]

出典[編集]