真紅の女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
真紅の女
The President's Lady
The President's Lady.jpg
レイチェル・ジャクソンを演じるスーザン・ヘイワードアンドリュー・ジャクソンを演じるチャールトン・ヘストン(1953年に日本で製作された映画のパンフレット)
監督 ヘンリー・レヴィン
脚本 ジョン・パトリック
原作 アーヴィング・ストーン
製作 ソル・C・シーゲル
出演者 スーザン・ヘイワード
チャールトン・ヘストン
ジョン・マッキンタイア
音楽 アルフレッド・ニューマン
撮影 レオ・トーヴァー
編集 ウィリアム·B·マーフィー
製作会社 20世紀フォックス
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 1953年5月21日
日本の旗 1953年12月8日[1]
上映時間 96分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $1,475,000[2]
興行収入 $1,350,000[3]
テンプレートを表示

真紅の女』(しんくのおんな、原題:英語: The President's Lady)は、1953年に公開されたアメリカ合衆国の映画である。

概要[編集]

第7代アメリカ合衆国大統領アンドリュー・ジャクソンとその夫人レイチェル・ドネルソンの結婚生活を描いたアーヴィング・ストーンの小説が原作。20世紀フォックスが製作かつ配給しており、ヘンリー・レヴィンが監督を務め、レイチェル・ドネルソンはスーザン・ヘイワードが、アンドリュー・ジャクソンはチャールトン・ヘストンが演じた。

第26回アカデミー賞アカデミー賞の2部門にノミネートされている[4]

チャールトン・ヘストンは5年後の『大海賊英語版』でも再びアンドリュー・ジャクソン役を演じている[5]

ストーリー[編集]

若者アンドリュー・ジャクソンは、親友のジョン・オーバートンと共同で弁護士を開業するためにテネシーの辺境にあるナッシュビルにやって来た。レイチェル・ドネルソン・ロバーズとは1789年にナッシュビル近郊にある彼女の母親の農場で知り合った。レイチェルは農場主ルイス・ロバーズと結婚していたが、夫に他の男性との仲の良さで疑われ、母親の所に身を寄せていた。ロバーズはレイチェルとジャクソンの仲に嫉妬し、力尽くでもレイチェルを取り戻すと脅迫した。不安になったレイチェルはナチェズの伯母の元に避難することを決めた。彼女の母親の依頼で同行したジャクソンに護衛され、レイチェルはインディアンの襲撃を受けながらも無事に到着した。この旅で二人はお互いの愛情を確かめ合った。

それからしばらくしてロバーズがレイチェルの姦通を理由に離婚手続きをしたという知らせが届き、二人は結婚式を挙げた。ところが、その時点では離婚の承諾を得ていなかったことが後から分かり、もう一度結婚式をやり直した。このためにレイチェルは「姦婦」という不名誉が与えられてしまうことになった。ジャクソンは妻を侮辱することを許さず、彼女を断固として守るために決闘で傷ついたりもした。

歳月が流れ、順風満帆な出世街道を進むジャクソンは1828年の合衆国大統領選挙に立候補した。反対派の悪意に満ちた誹謗にショックを受けたレイチェルは病の床に伏した。ジャクソンの手厚い看護に拘らず、夫が大統領に当選する前夜にこの世を去った。「オールド・ヒッコリー」は幸せだった結婚生活を懐かしむことで自らの慰めとした。

キャスト[編集]

チャールトン・ヘストンとスーザン・ヘイワード

クレジットに記載されたキャストと、その役を演じた俳優は以下の通り[6]

評価[編集]

批評[編集]

  • バラエティ』誌スタッフ:「偉大な人物の生涯に影響を及ぼす女性の劇的な物語は常に興味深い映画を生み出し、第7代アメリカ合衆国大統領アンドリュー・ジャクソンについては、20世紀フォックスがとりわけ感動的な物語を製作している。」と肯定的な評価を下した[7]
  • ニューヨーク・タイムズ』紙の映画評論家ハワード・トンプソン英語版:「初期のアメリカ合衆国の場面で最も魅力的かつ感動的なロマンスの一つ」に相応しい完璧な作品に仕上がっているとして絶賛した[8]

2015年3月28日時点で、ロッテン・トマトには本作についての3人の批評家のレビューが集まっている。このうち2人から肯定的な評価を獲得している[9]

映画賞のノミネート[編集]

この映画は第26回アカデミー賞の2部門にノミネートされた[4]

選考年 映画賞 部門 候補者 結果
1954年 第26回アカデミー賞 美術監督賞(白黒) ライル・R・ウィーラーリーランド・フラーポール・S・フォックス ノミネート
衣裳デザイン賞(白黒) チャールズ・ルメイアーレニー・コンリー

脚注[編集]

  1. ^ The President's Lady (1953) - Release dates” (英語). IMDb.com. 2014年9月27日閲覧。
  2. ^ Solomon(2002年) p.248
  3. ^ The Top Box Office Hits of 1953, Variety, (1954年1月13日) 
  4. ^ a b The President's Lady (1953) Awards” (英語). NYtimes.com. 2014年6月3日閲覧。
  5. ^ The President's Lady (1953) - Trivia” (英語). IMDb.com. 2014年10月25日閲覧。
  6. ^ The President's Lady (1953) - Full Cast & Crew” (英語). IMDb.com. 2015年3月28日閲覧。
  7. ^ Variety Staff (1952年12月31日). “Review: ‘The President’s Lady’” (英語). Variety.com. 2014年10月25日閲覧。
  8. ^ The President s Lady (1953) Tribute to Jackson and His Wife” (英語). NYTimes.com (1953年5月22日). 2014年10月25日閲覧。
  9. ^ THE PRESIDENT'S LADY (1953)” (英語). RottenTomatoes.com. 2015年3月28日閲覧。

参考文献[編集]

  • Aubrey Solomon (2002年) (英語). Twentieth Century-Fox: A Corporate and Financial History (Filmmakers Series, 20). Scarecrow Press. ISBN 978-0810842441. 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]