真砂石三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

真砂石三郎(まさごいわさぶろう、1897年12月14日-1944年3月7日[1])は、尾車部屋峰崎部屋片男波部屋伊勢ノ海部屋に所属した力士。本名は石川三郎治。宮城県栗原郡栗駒町(現栗原市)出身。174cm、85kg。最高位は東前頭5枚目。

来歴[編集]

1916年5月尾車部屋より初土俵、その後兄弟子の三杉磯と行動をともにした。1920年5月十両昇進。1922年1月入幕し、この場所は優勝旗手を務めた。立合いの駆け引きがうまく、よく言えば「後の先」、悪く言えばペテン立ちの傾向があった。1927年10月に廃業してブラジルに渡り、料理店を経営。またブラジル相撲協会を立ち上げた。

成績[編集]

  • 幕内12場所49勝62敗15休2分
  • 通算25場所90勝73敗15休6分預
  • 優勝旗手1回(1922年1月)
  • 三段目優勝1回(1919年1月)、序ノ口優勝1回(1917年5月)

改名[編集]

陸奥ノ山→真砂石(1924年5月)[2]

出典[編集]

  1. ^ http://www.fsinet.or.jp/~sumo/profile/1/19220104.htm
  2. ^ 大相撲力士名鑑平成13年版、水野尚文、京須利敏、共同通信社、2000年、ISBN 978-4764104709