真田幸歓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
真田幸歓(個人蔵)

真田 幸歓(さなだ ゆきよし、またはゆきしげ[1]文政17年(1824年) - 明治20年(1887年))は、仙台藩伊達氏家臣。仙台真田家8代当主真田幸清の子。母は林氏(弥喜曽)。初名は幸之、通称、喜平太。

藩主伊達慶邦の小姓となり、のちに慶邦の命で下曽根信敦に西洋砲術を学んだ。安政3年(1858年)講武場で多くの藩士に西洋砲術を教えた。元治元年(1864年)脇番頭となり、慶応2年には近習目付となり、経験を生かし藩の軍政の改革を行った(軍制変革侍読長)。また、藩主慶邦の密名により上京したこともあったという。慶応4年(1868年)1月に若年寄に任じられ軍制係の長となる。同年4月、新政府軍より会津藩討伐の命を受け土湯峠まで出陣した。その後、奥羽越列藩同盟成立後は病により潜居していて、その後藩主慶邦の命により軍監となるが、指揮をする前に撤兵した為その職務を果たせなかった。同年12月若年寄を免職となり石巻に閑居し(俸禄は廃藩置県まで給される)、学校教育関係の事務官や、牡鹿郡の書記官などに務めるとともに和歌などを嗜み余生を過ごした。

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 『全国版幕末維新人物事典』歴史群像編集部、学研パブリッシング、2010年。ISBN 9784054044630
  • 真田の郷蔵王町PR活動公式ページ