真田信経

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

真田 信経(さなだ のぶつね、正徳5年(1715年)3月 - 寛政10年3月2日1798年4月17日))は、仙台藩士。真田信成の嫡男。号は等夢斉。子には長男信廣

1744年延享元年)に父・信成の隠居に伴い家督を継ぐ。1775年安永5年)に隠居し、家督を養嗣子 信親田村顕道の三男)に譲った。しかし、翌年死去。それに伴い信珍大條頼始の三男)を養子とし、嗣子とする。だが、1794年に信珍も死去し、まだ幼児である信凭(信珍の子)が家督を継いだ。1798年(寛政10年)、84歳という長寿で没し、成覚寺に葬られた。