真方敬道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

真方 敬道(まがた のりみち、1910年 - 1987年)は、日本倫理学者、東北大学名誉教授。中世キリスト教哲学を専攻。

東北帝国大学卒。1962年、「西洋中世哲学における個体論の研究」で文学博士。東北大学倫理学主任教授を務め、1973年、定年退官。東京女子大学教授、1980年、退職。

著書[編集]

  • 中世個体論研究 南窓社[キリスト教歴史双書3] 1988.10
  • 異教文化とキリスト教の間 南窓社 1988.10

翻訳[編集]

  • 創造的進化 ベルグソン 岩波文庫 上下 1954-61、改版全1巻 1979