真庭ひかりネットワーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

真庭ひかりネットワーク(まにわ-)は、岡山県真庭市が整備した光ファイバーによる情報通信施設である。真庭いきいきテレビケーブルテレビサービスと「音声告知放送」「IP電話サービス」が実施されている。また「NTT西日本」により「ひかり電話」「インターネット接続」のサービスが提供されている。

ここでは、「真庭いきいきテレビ」の前身「KHK」についても、記載する。

サービスエリア[編集]

沿革[編集]

  • 1995年平成7年)4月 - 久世町にケーブルテレビ「テレビくせ放送協会 KHK」開局。1959年昭和34年)に開始された有線放送電話の後継としての施策であった。
  • 1997年(平成9年)4月 - 「財団法人 久世エスパス振興財団」の組織となる。
  • (2005年3月31日 - 合併により真庭市発足。)
  • 2009年(平成21年)1月 - 真庭ひかりネットワークの整備により全市をサービスエリアにした後、「真庭いきいきテレビ」として開局。

真庭いきいきテレビ所在地[編集]

  • 岡山県真庭市鍋屋17-1(真庭いきいきテレビ公式サイトによる表記。条例では、「真庭市鍋屋18番地1」の表記とされる)

主な放送チャンネル[編集]

音声告知放送[編集]

真庭市が、市民を対象に設置してサービスを実施するものである。音声告知放送のみを利用する加入は無料である。

地上波系列別再送信局[編集]

NHK-G NHK-E NNS ANN JNN TXN FNS JAITS
NHK岡山 NHK岡山 西日本放送 瀬戸内海放送 山陽放送 テレビせとうち 岡山放送 サンテレビ

テレビ局[編集]

アナログ デジタル 放送局
1 1 NHK総合
4 2 NHK教育
11 3 サンテレビ
9 4 西日本放送
8 5 瀬戸内海放送
6 6 山陽放送
3 7 テレビせとうち
10 8 岡山放送
自主放送(コミュニティチャンネル)
2 121 蒜山、湯原、美甘地域
5 122 勝山、久世地域
12 123 落合、北房地域
  • アナログ放送の機材は「KHK」時代のものを使用しており、地上波放送局のチャンネルは同一で移行した。(出典 広報まにわ2008年6月号)
  • 自主放送(コミュニティチャンネル)は全市域共通の放送のほか、地域別に放送される時間帯がある。

「KHK」時代の放送[編集]

  • アナログ放送のみである。自主放送(コミュニティチャンネル)は5チャンネルのみ。12チャンネルは[グリーンチャンネル]が放送されていた。またNHK衛星第1NHK衛星第2、「そのほかのチャンネル」の放送があった。
  • 音声告知機により、FM放送の配信が実施されていた。NHK-FMFM香川Kiss-FM KOBEFM802FM OSAKAの配信があった。
    • 出典 広報まにわ2006年1月号

関連項目[編集]

外部リンク[編集]