真実らしさ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

真実らしさ迫真性ベリシミリチュードトゥルースライクネス英語: verisimilitude, truthlikeness)とは、真実であるという確証がないが、真実と思わせるあり方の事である。主に科学哲学科学的方法において使われる専門用語。

科学哲学[編集]

科学疑似科学との間の線引き問題は、現在でも解決されてない問題であり、 科学哲学者のカール・ポパー反証テストなどを使って、人文科学の分野で「理論の確からしさ」を証明しようと試みた。

芸術[編集]

リアリズムの語は、古くから形而上学倫理学上の用語として使われてきた。真実らしさは写実主義など多くの芸術に影響を与えてきた思想である[1]

関連用語[編集]

参考資料[編集]

  1. ^ 演劇のリアリズム-後期イプセン論のための覚書 著:毛利 三彌