真剣白刃取り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

真剣白刃取り(しんけんしらはどり)とは、頭の上に振り下ろしてくる刀を両手のひらを合わせるようにして受け止める防ぎ方である。なお実際においては実行不可能に近い極めて危ない技であり、講談や剣豪小説などの純然たるフィクションに近いとされ、作中における超人的な人々が用いる場合が多く、それも危機一髪でかろうじて成功すると言うストーリーが多い。

また、柳生新陰流の無刀取りと同じものとされることがあるが、違うものである。実際の無刀取りは、先に相手の懐に飛び込んで勢いを付けて振り下ろされる前に刀を取り押さえると言う、より現実的な技である。

演武[編集]

極真会館所属時の中村忠第5回オープントーナメント全日本空手道選手権大会で、大山茂第1回オープントーナメント全世界空手道選手権大会で、それぞれ演武にて実際に真剣白刃取りを行った例がある。

宮本武蔵円明流判官派高橋華王伝第15代の茂山雅司が、国内では真剣白羽取りが行える人として紹介されている。

時代劇[編集]

1981年の映画魔界転生』では柳生十兵衛千葉真一)と父・柳生宗矩若山富三郎)がクライマックスの決闘にて無刀取りでなく十兵衛が宗矩の刃を真剣白刃取りで防ぐ様が描かれている。

1987年NHK大河ドラマ・『独眼竜政宗』では第45回「ふたりの父」(1987年11月8日初回放送)にて、徳川家康津川雅彦)に勘当された松平忠輝真田広之)をとりなそうと家康の屋敷に乗り込んだ伊達政宗渡辺謙)が柳生宗矩(石橋蓮司)に通せんぼされ、怒った政宗がを抜いて宗矩に斬り掛かった所で宗矩に柳生流真剣白刃取りで防がれる場面が描かれている(真剣白刃取りの間はスローモーションで流された)。