真柄秀子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
眞柄秀子から転送)
移動先: 案内検索

真柄秀子(まがら ひでこ、1956年 - )は、日本政治学者早稲田大学教授。専門は比較政治学

早稲田大学政治経済学部卒業、シカゴ大学大学院で博士号取得。筑波大学社会科学系助教授を経て、早稲田大学政治経済学術院教授。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『西欧デモクラシーの挑戦――政治と経済の間で』(早稲田大学出版部, 1992年)
  • 『体制移行の政治学――イタリアと日本の政治経済変容』(早稲田大学出版部, 1998年)

共著[編集]

編著[編集]

  • Economic Crises and Policy Regimes: The Dynamics of Policy Innovation and Paradigmatic Change, edited by Hideko Magara, Edward Elgar Publishing Ltd, 2014.

共編著[編集]

  • (井戸正伸)『拒否権プレイヤーと政策転換』(早稲田大学出版部, 2007年)
  • The Politics of Structural Reforms: Social and Industrial Policy Change in Italy and Japan, edited by Hideko Magara and Stefano Sacchi, Edward Elgar Publishing Ltd, 2013. 

訳書[編集]