県 (ポーランド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
現在のポーランドの行政区画

województwo[vɔjɛˈvut͡stfɔ];、ヴォイェヴツトフォ、 複数形: województwa)はポーランド地方行政区画で、日本では「」と翻訳される。この「województwo」という言葉は14世紀から使われている。ポーランドでは1999年1月1日から現在まで16のwojewództwoが置かれている。

語源[編集]

「województwo」という言葉は、ポーランド、もしくはポーランド・リトアニア合同における行政区画で、「wojewoda:ヴォイヴォダ (語源的には戦士の長、ウォーロードという意味であったが、歴史とともに公爵のような爵位の意味に変化した。)」という言葉と、「状態または条件」に関する接尾辞「-stwo"」を組み合わせたものである。

英語の「voivodeships」も「ヴォイヴォダ(voivode)」と「状態または条件」に関する接尾辞「Ship」を組み合わせた言葉である。しかし、あまり英語の辞書では使われずパラディン領を表す "palatinates"が使われた。voivodeshipsという綴りが使われるようになったのは、オックスフォード英語辞典によれば1792年で「ヴォイヴォダの治める地域もしくは県」とされた[1]

ポーランドは公式に使われる翻訳表記に「voivodeships」を使うよう国連などで申し出ている。[2][3][4]

ポーランドの県数の変遷[編集]

  • 1582-1634 - 34県(+1公国、1教区、1ziemia)
  • 1634-1660 - 35県(+1公国、1教区、1ziemia)
  • 1660-1717 - 33県(+1公国、1教区、1ziemia)
  • 1717-1768 - 33県(+1公国、1教区)

ワルシャワ公国は、県の代わりに州(departamentów)が導入された。)

  • 1815-1837(ポーランド立憲王国) - 8 県

ポーランド王国では1837-1915まで、県の代わりにグベールニヤが導入された。)

  • 1922-1939 - 16県(シレジア自治県を含む、+1都市県)
  • 1944-1945 - 10県(シレジア自治県を含む、+2都市県)
  • 1945-1946 - 11県(+2都市県)
  • 1946-1950 - 14県(+2都市県)
  • 1950-1975 - 17県(+2都市県、1954から+5都市県)
  • 1975-1998 - 49 県
  • 1999年1月1日以降 16県

ポーランドの行政区分の変遷[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ "Voivodeship," オックスフォード英語辞典第二版, 第XIX巻, Oxford, Clarendon Press, 1989, p. 739.
  2. ^ W.P. 18 _Poland_ Attachment(pdf)
  3. ^ Standardization of Polish Geographical Names
  4. ^ toponymic guidelines of poland(pdf)

関連項目[編集]