県庁前交差点 (沖縄県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 9.svg
沖縄県道39号標識
Japanese Route Sign Number 4.svgJapanese Route Sign Number 2.svg
沖縄県道42号標識
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 1.svg
沖縄県道221号標識
県庁前交差点
県庁前交差点(県道42号線、久茂地方面より)
地図

県庁前交差点(けんちょうまえこうさてん)は沖縄県那覇市久茂地にある交差点。パレットくもじ前交差点または県庁北口交差点とよぶ場合もある。

概要[編集]

1988年までは南西角に那覇警察署があったことから那覇署前交差点と呼ばれ、同署が与儀交差点へ移転した後も1990年まで旧那覇署前交差点と呼ばれていたが、翌年1991年に久茂地再開発事業としてパレットくもじが完成したのを機にようやく名称を変更した。

1980年代までは交差点のそばに県警本部と那覇署が並んでいたりなど周辺には古い建物が多く、交差点には歩道橋も設置されたが、1990年代に入り現在の県庁舎とパレットくもじの完成で大きく一変した。パレットくもじ前の県道は4車線に拡幅され、向かいにあった県警本部と那覇署は移転し代わって県議会棟がおかれた。そして歩道橋は撤去されスクランブル交差点となり、沖縄県で人通りの多い交差点に生まれ変わった。街頭のキャンペーン活動や選挙等の演説も行うようになり、国際通りの入口にふさわしいシンボル的な存在となった。那覇市の主要交差点のひとつであることから渋滞も目立ち、那覇市内や沖縄本島中部・名護市方面の路線バスの大半が当交差点を通過し、交差点角にバス停が置かれている[注釈 1]2003年には沖縄都市モノレール線が開業し、パレットくもじそばに県庁前駅が設置された。現在は南東角の再開発が進んでいる。

東方面の国際通りは平日17:30~19:00がバス専用道路バスレーン)規制が行われているためバス・タクシー・緊急車両以外の車両の通行が禁止されている(二輪車は対象外)。また毎週日曜12:00~18:00はトランジットマイル歩行者天国)が行われており、すべて車両の乗り入れ禁止されている(那覇バス10番・牧志新都心線のみ対象外、その他の路線バスは国道58号久茂地川沿いの道路などに迂回される)。また交差点地下には県営の駐車場があるが、国道58号方面から県庁南口方面のみは地下道を通過して通り抜けも可能。

交差道路[編集]

各方面の主な目的地[編集]

周辺施設[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 高速バスを除く(やんばる急行バスや一部のリムジンバスは通る)。またモノレール開業以降はおもろまち駅国立劇場おきなわ浦添市)始発の沖縄本島南部(主に糸満市南城市)方面のバスも通るようになったほか、2006年から琉球バス交通(当時は琉球バス)の一部の浦添市・宜野湾市方面の路線が豊見城市始発になったため、豊見城市方面も通るようになった。
  2. ^ 2021年に県道221号および県道222号の経路変更に伴う(222号は路線名も変更)

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯26度12分49.2秒 東経127度40分49.8秒 / 北緯26.213667度 東経127.680500度 / 26.213667; 127.680500