省エネルック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

省エネルック(しょうエネルック)は、クール・ビズ運動の源流にあたる運動、またその中で考案された、主に男性用の服装。

概要[編集]

1979年に第2次オイルショックの影響を受けて、第1次大平内閣が提唱した。半袖開襟ワイシャツ背広のスタイルで、東南アジアなど熱帯国のスタイルを取り込む形である。大平正芳羽田孜らの政治家が着用を推進したが、ほとんど普及しなかった。

羽田は、その後もこのスタイルで数々の行事に参加しており、首相在任中などにおける省エネスーツ姿が報道等で報じられて一時期話題になったこともあったが、こんにちのクール・ビズのような広がり・浸透は見られなかった。

羽田孜の息子で、国民民主党羽田雄一郎もこれにならっている。民主党参議院議員であった若林秀樹も愛用していたが、クールビズ普及後は着用していない。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈・出典[編集]

関連用語[編集]