相馬泰三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

相馬 泰三(そうま たいぞう、1885年12月29日 - 1952年5月15日)は、日本の小説家

新潟県生まれ。本名は退蔵。早稲田大学英文科中退。「萬朝報」に入社し「婦人評論」の記者を務める。1912年谷崎精二葛西善蔵広津和郎らの『奇蹟』創刊に参加、1914年「田舎医師の子」が出世作となる。1918年「荊棘の路」は『奇蹟』の仲間の作家たちをモデルにしたため、友人を茶化したとして問題になった。晩年は紙芝居の向上に努めた。

著書[編集]

  • 六月 植竹書院 1914(文明叢書)
  • 桃太郎の妹 植竹書院 1914
  • 夢と六月 新潮社 1918(新進作家叢書)
  • 荊棘の路 新潮社 1918
  • 憧憬 新潮社 1919
  • 隣人 天佑社 1919
  • 愛慾の垢 金星堂 1922
  • 野の哄笑 金星堂 1922(金星堂名作叢書)
  • 陽炎の空へ 童話 南来社出版部 1923
  • 象の御見舞 童話 成象堂 1924
  • 新選相馬泰三集 改造社 1929
  • 復活 カチユーシヤ物語 学而書院 1935
  • 米國の東亞野望史(紙芝居)畫劇報國社 1942.4
  • げんきなこども 雲南書院 1947
  • アリババ物語 アラビヤンナイト 名作お伽噺 雲南書院 1948.2

翻訳[編集]

外部リンク[編集]