相隣関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

相隣関係(そうりんかんけい)とは、隣りあった土地の間の法律的関係をいう。民法上の法律用語である。

自分の土地は自分が自由に用いることができ、隣の土地には手出しできないのが所有権の原則だが、ある土地の使い方が隣の土地に深刻な影響を及ぼす場合もある。民法は、隣の土地の利用に大きな害を及ぼす使い方を制限する規定と、起こりやすいトラブルを調整するための規定がある。相隣関係をめぐる紛争は件数が多く、実務的に重要である。

民法には相隣関係を律する規定として以下のものがある。

隣地の竹木のが境界線を越えるときは、その竹木の所有者に、その枝を切除させることができ(233条1項)、隣地の竹木のが境界線上の越えるときは、その根を切り取ることができる。直接切り取ることができる主体の違いに注意が必要である。
  • 境界線隣接地帯に関する権利(234条238条

関連項目[編集]