相鉄高速バスセンター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

相鉄高速バスセンター(そうてつこうそくバスセンター)は、神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町1丁目4-3にかつて存在したバスターミナルである。立体駐車場待合室更衣室・洗面所などの設備があった。

概要[編集]

1990年10月19日開設[1]。かつて相鉄バス鶴屋町操車場があった場所で、横浜駅西口から徒歩約5分の距離に位置していた。相鉄相鉄自動車および共同運行会社の高速バスが発着(当バスセンター発着の高速バスは全便「横浜駅西口」停留所も経由)していたが、相鉄の高速バス事業完全撤退に伴い、2008年9月2日に廃止された。

その後は、横浜駅西口バス折り返し場となり転回場のターンテーブルも使い続けられていた。また相鉄バス横浜鶴屋町案内所も営業を続けていたが、JR横浜タワーとJR横浜鶴屋町ビルとの連絡通路の建設開始に伴い、2018年3月16日に営業終了。

バス路線[編集]

閉鎖直前に発着していたバス路線を以下に記す。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「年表」『相鉄グループ100年史』 相鉄ホールディングス 、2018年12月