相田慎一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

相田 慎一(あいだ しんいち、1946年10月2日 - )は、日本の経済学者。経済学博士(大阪市立大学)。専修大学名誉教授。専門は、マルクス経済学経済史。特に、カール・カウツキーを研究。

略歴[編集]

神奈川県厚木市生まれ。1965年早稲田大学高等学院卒業。1969年早稲田大学第一政治経済学部経済学科卒業。1978年大阪市立大学大学院経済学研究科博士課程満期退学。その後、大阪市立大学経済学部助手、桃山学院大学経済学部非常勤講師、龍谷大学経済学部非常勤講師、福知山女子高等学校社会科教諭、大阪薬業専門学校兼任講師等を経て、1986年専修大学北海道短期大学経済科助教授。1994年同経済科教授。1994年「カウツキー研究 民族と分権」で経済学博士(大阪市立大学)[1]。2006年専修大学北海道短期大学商経社会総合学科教授。2012年4月専修大学北海道短期大学廃校に伴い、専修大学経済学部教授。2017年3月専修大学定年退任。[2][3]

著書[編集]

共編著
  • 『ポスト・マルクス研究 多様な対案の探究』黒滝正昭,太田仁樹共編著 ぱる出版 2009

翻訳[編集]

  • カール・カウツキー『マルクスの経済学説 『資本論』入門』丘書房 1999
  • オットー バウアー『民族問題と社会民主主義』丸山敬一,太田仁樹, 倉田稔,上条勇共訳 御茶ノ水書房、2001
  • カウツキー, レンナー, ゲゼル『『資本論』の読み方』ぱる出版 2006
  • シルビオ・ゲゼル『自由地と自由貨幣による自然的経済秩序』ぱる出版 2007

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 博士論文データベース
  2. ^ 以上につき「相田慎一教授ご来歴」『専修大学経済学論集 51巻3号』専修大学経済学会、2017年、227頁以下
  3. ^ 以上につき『現代日本人名録2002 あーかと』日外アソシエーツ、2002年、15頁