相田二郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

相田 二郎(あいだ にろう、1897年(明治30年)5月12日[1] - 1945年(昭和20年)6月22日[1])は、日本の歴史学者。東京帝国大学史料編纂官。専門は日本中世史、日本古文書学で、生涯にわたって古文書学の研究・教育につとめた。

略伝[編集]

神奈川県足柄下郡早川村(現在の神奈川県小田原市)に生まれる。神奈川県立小田原中学校[1]第四高等学校[2]を経て、1923年(大正12年)、東京帝国大学文学部国史学科を卒業[3]。同大大学院進学とともに、同大学文学部史料編纂掛嘱託となる[1]1927年(昭和2年)に史料編纂官補[1](同年、有栖川宮奨学金を受ける[1])、1930年(昭和5年)より、東京帝国大学文学部講師として古文書学を講義[1]1933年(昭和8年)に史料編纂官となった[1]太平洋戦争のさなかの1944年(昭和19年)、史料編纂掛の図書疎開のため長野県に出張し、終戦間際の1945年(昭和20年)6月に病に罹り49歳で歿した。

生涯史料編纂掛にあって、『大日本古文書』の編纂に従事するとともに、黒板勝美の傍にて、日本古文書学の体系化につとめた(なお、黒板の著作集である『虚心文集』に収録する「古文書学概論」は、相田によって受講者のノートを纏め上げて作られたといわれる)。また、広島文理科大学九州帝国大学法文学部に出向して古文書学を講じ、石清水八幡宮史・静岡県史・沼津市史の編纂や、皇室関係の調査委員(東山御文庫・歴代宸翰の調査委員、臨時陵墓調査委員[1])、東京都史蹟名勝天然紀念物調査嘱託[1]などを兼ねた。ほかに、史料の探訪・調査に余念がなく、その数は12府県にも及ぶ。特に彼の出身地である神奈川県下の中世文書調査・研究は、『新編相州古文書』に纏められている。

主要業績[編集]

  • 「小田原合戦」高柳光寿編『大日本戦史』(1962年)に所収 1938年
  • 『中世の関所』畝傍書房 1943年
  • 『新編相州古文書』神奈川県郷土研究会 1944年
  • 『日本の古文書』上・下 岩波書店 1949年・1954年
  • 『蒙古襲来の研究』吉川弘文館 1958年
  • 『小田原合戦 - 豊臣秀吉の天下統一と北条氏五代の滅亡』名著出版 1976年
  • 『相田二郎著作集』全3巻 1976年 - 1978年

参考文献[編集]

  • 「相田二郎追悼特輯」『歴史地理』88-4 1958年
    • 署名なし「相田二郎氏履歴」、『歴史地理』第88巻第4号、日本歴史地理学会1958年、 66-71頁。
  • 永原慶二『20世紀日本の歴史学』吉川弘文館 2003年

脚注[編集]

外部リンク[編集]