相生の松

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
現在の高砂神社内にある相生の松。

相生の松(あいおいのまつ)とは、雌株・雄株の2本のが寄り添って生え、1つ根から立ち上がるように見えるもの。また、黒松赤松が1つの根から生え出た松のこと。[要検証]

松は永遠長寿を象徴することから、相生の松は特に縁結び和合長寿の象徴とされる。「相生の松」とよばれる松は日本各地に点在するが、特に兵庫県高砂市高砂神社の松が有名である。

能『高砂』では、高砂の松と住吉の松とが相生の松であるとし、夫婦和合をうたっている。

所在地[編集]

関連項目[編集]