相浦発電所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Crystal energy.svg 相浦発電所
種類 火力発電所
電気事業者 九州電力
所在地 日本の旗 日本
長崎県佐世保市光町183-1
北緯33度11分46.2秒 東経129度38分52.5秒 / 北緯33.196167度 東経129.647917度 / 33.196167; 129.647917座標: 北緯33度11分46.2秒 東経129度38分52.5秒 / 北緯33.196167度 東経129.647917度 / 33.196167; 129.647917
1号機
発電方式 汽力発電
出力 37.5万 kW
燃料 重油原油
営業運転開始日 1973年4月28日
2号機
発電方式 汽力発電
出力 50万 kW
燃料 重油、原油
熱効率 39.7%(HHV)
営業運転開始日 1976年10月1日
公式サイト:相浦発電所
テンプレートを表示
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:発電所の外観の画像提供をお願いします。2017年4月

相浦発電所(あいのうらはつでんしょ)は長崎県佐世保市光町183-1にある九州電力石油火力発電所

概要[編集]

九州電力設立時に引き継いだ発電所が前身である。相浦港に隣接しており、付近には西海国立公園がある。

九州電力所有になってから(旧)3号機、(旧)4号機が増設され、九州電力初のチルチングバーナーを採用するなど、新鋭火力発電所の一端を担った。

その後、老朽化に伴い、新たな発電設備(新相浦発電所とも称した)が建設されることとなり、1973年4月に1号機が運転を開始、2号機までが建設され、旧設備は廃止された[1]

施設の老朽化と発電効率で劣る石油火力発電所であるため、近年は電力需要のピーク時のみ運転されていた。東日本大震災後は原子力発電所の停止により運転日数が増加したが、川内原子力発電所の再稼働などにより再び運転日数が減少、2016年度の運転実績は1号機は0日、2号機は15日間のみで、2018年度から長期計画停止に入る予定であったが、2017年4月27日、九州電力は1・2号機を2018年度に廃止することを発表した。変電所や配電設備などは維持されるが、発電設備は撤去される予定である[2]

発電設備[編集]

  • 総出力:87.5万kW[3]
1号機
定格出力:37.5万kW
使用燃料:重油原油
営業運転開始:1973年4月28日
2号機
定格出力:50万kW
使用燃料:重油、原油
熱効率:39.7%(高位発熱量基準)
営業運転開始:1976年10月1日

廃止された発電設備[編集]

  • 総出力:17万kW
旧1号機(廃止)
定格出力:3万kW
使用燃料:石炭
廃止時期:1973年9月30日
旧2号機(廃止)
定格出力:3万kW
使用燃料:石炭
廃止時期:1973年9月30日
旧3号機(廃止)
定格出力:5.5万kW
使用燃料:石炭
営業運転期間:1954年3月10日 - 1977年8月19日
旧4号機(廃止)
定格出力:5.5万kW
使用燃料:石炭
営業運転期間:1954年8月26日 - 1977年8月19日

火災事故[編集]

排煙より亜硫酸ガスの除去する排煙脱硫装置 2基を1976年6月より操業していたが、別の抑制方法を採ることで1998年10月より運用を休止することとなり、2007年1月には運用再開の見込みが無いため廃止が決定された。これに伴う装置撤去作業が行われている最中の2007年6月9日、1号排煙脱硫装置の吸収塔で火災が発生した[4][5]

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]