相沢 (横浜市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
日本 > 神奈川県 > 横浜市 > 瀬谷区 > 相沢 (横浜市)
相沢
—  町丁  —
相沢の位置(横浜市内)
相沢
相沢
相沢の位置(神奈川県内)
相沢
相沢
相沢の位置
座標: 北緯35度28分45.48秒 東経139度29分18.97秒 / 北緯35.4793000度 東経139.4886028度 / 35.4793000; 139.4886028
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Kanagawa Prefecture.svg 神奈川県
市町村 Flag of Yokohama, Kanagawa.svg 横浜市
瀬谷区
面積[1]
 - 計 0.896km2 (0.3mi2)
人口 (2017年(平成29年)12月31日現在)[2]
 - 計 9,584人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 246-0013[3]
市外局番 045 (横浜MA)[4]
ナンバープレート 横浜

相沢(あいざわ)は、神奈川県横浜市瀬谷区地名。現行行政地名は相沢一丁目から相沢七丁目。住居表示未実施区域。郵便番号は246-0013[3]

地理[編集]

瀬谷区の中央部に位置し、北に瀬谷町と中屋敷、南に瀬谷一丁目〜四丁目、東に二ツ橋町と東野、西に中央と本郷に隣接する。地域の中央部を相沢川が流れている。

地価[編集]

住宅地の地価は、2016年平成28年)1月1日公示地価によれば、相沢3-4-5地点で18万2,000円/m2となっている。[5]

地名の由来[編集]

昭和60年、61年の町界町名地番整理事業の施行にともない、瀬谷町の一部から新設した町。町名は地元の要望により字名を採った。 [6]

歴史[編集]

沿革[編集]

  • 1985年昭和60年)11月5日 - 瀬谷町の一部を編入し、相沢一丁目〜四丁目を新設設置。
  • 1986年(昭和61年)10月6日 - 瀬谷町の一部を編入し、相沢五丁目〜七丁目を設置[1]

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)12月31日現在の世帯数と人口は以下の通りである[2]

丁目 世帯数 人口
相沢一丁目 641世帯 1,340人
相沢二丁目 646世帯 1,507人
相沢三丁目 619世帯 1,342人
相沢四丁目 641世帯 1,349人
相沢五丁目 567世帯 1,362人
相沢六丁目 500世帯 1,023人
相沢七丁目 735世帯 1,661人
4,349世帯 9,584人

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[7]

丁目 番地 小学校 中学校
相沢一丁目 全域 横浜市立瀬谷小学校 横浜市立瀬谷中学校
相沢二丁目 1〜6番地
その他 横浜市立相沢小学校 横浜市立東野中学校
相沢三丁目 28番地
その他 横浜市立瀬谷小学校 横浜市立瀬谷中学校
相沢四丁目 全域
相沢五丁目 全域
相沢六丁目 1〜4番地
7〜8番地
31番地の2
33〜43番地
その他 横浜市立相沢小学校 横浜市立東野中学校
相沢七丁目 全域

施設[編集]

  • 横浜市立瀬谷小学校 - (四丁目に所在)
  • 瀬谷北郵便局 - (一丁目に所在)

交通[編集]

道路[編集]

鉄道[編集]

一丁目に相鉄本線が通っているが、駅は設置していない。

また、以下のバス路線にて相鉄本線三ツ境駅小田急江ノ島線鶴間駅も利用可能である。

バス[編集]

  • 神奈川中央交通大和営業所
    • 瀬谷駅〜細谷戸第5(瀬31系統)
    • 三ツ境駅北口〜鶴間駅東口(間15系統)
    • 三ツ境駅北口〜細谷戸第5(境30系統)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 横浜市町区域要覧”. 横浜市 (2016年3月31日). 2018年1月24日閲覧。
  2. ^ a b 横浜の人口 - 登録者数(市・区・町・外国人) - 町丁別世帯と男女別人口”. 横浜市 (2017年12月31日). 2018年1月24日閲覧。
  3. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年1月23日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年1月23日閲覧。
  5. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  6. ^ 横浜市瀬谷区役所 瀬谷区の紹介 瀬谷区の町名とその由来 相沢
  7. ^ 小中学校等通学区域”. 横浜市 (2017年11月15日). 2018年1月24日閲覧。