相模川佶延

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

相模川 佶延(さがみがわ よしのぶ、1917年7月13日 - 1987年1月22日)は、神奈川県愛甲郡南毛利村(現在の同県厚木市)出身で、春日野部屋に所属した大相撲力士である。本名は原島 寶(はらじま たから)。身長189cm、体重124kg。得意手は左四つ、突っ張り上手投げ。最高位は西関脇(1944年5月場所)。

来歴[編集]

17歳の時に春日野部屋へ入門し、1935年5月場所で初土俵を踏んだ。

1937年5月場所で序二段優勝してから上昇気流に乗り、三段目幕下十両をそれぞれ1場所で突破し、1939年5月場所に於いて新入幕を果たした。

長身から繰り出す突っ張りは威力があり、それが上位へ進出する際の大きな武器になった[1]。また、長身力士の専売特許とされる鯖折りで勝利することも多々あった。幕下時代から、「未来の横綱」「太刀山の再来」と騒がれた[1]

入幕2場所目の1940年1月場所で、新大関羽黒山に初黒星を付けた。羽黒山とは、通算の対戦成績も4勝7敗と善戦した。1943年1月場所、新小結で10勝5敗、さらに関脇に昇って8勝7敗、11勝4敗と関脇で2場所連続で勝ち越した頃が最盛期。1944年1月場所では、千秋楽に勝てば優勝だった羽黒山を破って小結・佐賀ノ花の優勝に結果的に手を貸してしまったこともあった(当時は優勝決定戦はなく、番付上位の力士が優勝した)。

しかし、得意とした突っ張りが外れると四つ身は上手ではなかった。そのため、弱点を突かれると苦戦し、大関への挑戦は不発に終わった[1]1947年6月場所の1場所だけ「相模山」と改名したが初日不戦敗ののち休場し、すぐに四股名を「相模川」に戻している[1]

戦後は一気に衰え、1949年5月場所、十両に落ちたところで現役を引退。年寄名跡を取得できなかったため、引退後は日本相撲協会に残らなかった。

6代目尾上菊五郎が贔屓にした力士としても有名で、「相撲も踊りも、足が大切だ。」と踊りの稽古を相模川に勧めたと伝えられている。その後は、博多キャバレーを経営するなどした。

1987年1月22日、逝去。享年69。 なお、没年月日は没後平成期になってから判明したもので、本名についても判明前は「原島 實(はらしま みのる)」となっていた。

双葉山の最後の相手[編集]

1945年6月場所初日、双葉山と対戦して敗れる。双葉山は翌日より休場し、二度と出場しないまま同年11月場所をもって引退したため、相模川は昭和の大横綱の最後の対戦相手として歴史に名を残すこととなった[1]

早くから打倒双葉を期待されていた相模川だったが、本場所での対決は10戦全敗でついに果たせずに終わった。

主な成績・記録[編集]

  • 通算成績:163勝133敗9休 勝率.551
  • 幕内成績:127勝120敗9休 勝率.514
  • 現役在位:29場所
  • 幕内在位:20場所
  • 三役在位:5場所(関脇3場所、小結2場所)
  • 金星:2個(羽黒山2個)
  • 各段優勝
    • 三段目優勝:1回(1938年1月場所)
    • 序二段優勝:1回(1937年5月場所)

                             

相模川 佶延
春場所 夏場所 秋場所
1935年
(昭和10年)
x (前相撲) x
1936年
(昭和11年)
新序
1–2 
東 序ノ口 #2
6–0 
x
1937年
(昭和12年)
西 序二段 #3
2–4 
西 序二段 #10
優勝
7–0
x
1938年
(昭和13年)
西 三段目 #3
優勝
6–1
東 幕下 #9
6–1 
x
1939年
(昭和14年)
東 十両 #6
9–4 
東 前頭 #16
8–7 
x
1940年
(昭和15年)
西 前頭 #11
5–10 
西 前頭 #14
12–3 
x
1941年
(昭和16年)
東 前頭 #7
6–9 
東 前頭 #11
11–4 
x
1942年
(昭和17年)
西 前頭 #2
7–8
西 前頭 #4
10–5 
x
1943年
(昭和18年)
東 張出小結
10–5 
西 張出関脇
8–7 
x
1944年
(昭和19年)
東 張出関脇
11–4 
西 関脇
3–7 
西 前頭 #1
8–2
1945年
(昭和20年)
x 東 小結
1–6 
東 前頭 #5
4–6 
1946年
(昭和21年)
x x 東 前頭 #8
6–7 
1947年
(昭和22年)
x 西 前頭 #8
0–1–9 
西 前頭 #18
8–3 
1948年
(昭和23年)
x 西 前頭 #10
5–6 
東 前頭 #14
2–9 
1949年
(昭和24年)
西 前頭 #18
2–11 
西 十両 #2
引退
0–0–15
x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(1) 出羽海部屋・春日野部屋 』(2017年、B・B・MOOK)p28


関連項目[編集]