相楽総三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

相楽 総三(さがら そうぞう、天保10年(1839年) - 慶応4年3月3日1868年3月26日))は、江戸時代末期(幕末)の尊皇攘夷志士江戸出身。赤報隊隊長。

生涯[編集]

天保10年(1839年)、下総相馬郡(現茨城県取手市)の郷士で大富豪の小島兵馬の四男として江戸・赤坂に生まれる。本名は小島四郎左衛門将満。

四男であったが、兄らが養子に出たり事故死したりしたため、小島家の家督を継ぐことになった。国学と兵学を学び、若くして私塾を開いて多くの門人を抱えていたが、23歳の時に尊王攘夷活動に身を投じる。小島家から5000両もの資金を与えられて関東方面の各義勇軍の組織化に尽力し、元治元年(1864年)の天狗党の乱にも参戦した。

その後、西郷隆盛大久保利通らと交流を持ち、慶応3年(1867年)、西郷の命を受けて、江戸近辺の倒幕運動に加わった。

京では朝廷が幕府に見切りをつけて慶応3年10月13日そして14日には討幕の密勅が薩摩藩と長州藩に下された。13日に密勅を賜った薩摩はすぐに行動を開始する。

相楽総三西郷隆盛の意を受けて活動を開始し、三田の薩摩藩邸を根拠地として意思を同じくする倒幕尊皇攘夷論者の浪士を全国から多数招き入れた。

彼らは薩摩藩士伊牟田尚平益満休之助の指導を受け、放火や、掠奪・暴行などを繰り返して幕府を挑発した。その行動の指針となったお定め書きにあった攻撃対象は「幕府を助ける商人と諸藩の浪人、志士の活動の妨げになる商人と幕府役人、唐物を扱う商人、金蔵をもつ富商」の四種に及んだ。

慶応3年(1867年)10月、討幕の密勅を根拠として、西国と東国で同時挙兵する構想が練られていた。相楽たちは関東3か所で挙兵する計画を立てていたが、その後、大政奉還が実現したことにより密勅は取消された[1]

密勅の取消により薩摩藩は江戸薩摩藩邸宛てに関東での攪乱工作の停止を指示し、大政奉還の翌日にも「鎮静」するように念を押している。にもかかわらず、相楽たちは指示をことごとく無視して流山と萩野山中で挙兵し、いずれも鎮圧されている[1]

相楽たちの軍資金は豪商を襲って得たものであった。相楽たちの挙兵は旧幕府方を刺激し、庄内藩と旧幕府軍による江戸薩摩藩邸焼き討ち事件に発展している[1]

江戸を脱出した相楽たちは、慶応4年(1868年)1月、戊辰戦争が勃発すると、近江の金剛輪寺で赤報隊を結成し、赤報隊一番隊は東海道先鋒総督府の指揮下に入り、桑名への進軍を指令された[1]

しかし相楽は、東山道鎮撫総督府への所属替えを希望し、2月上旬には薩摩藩兵の付属になるよう指示を受けていたが、ここでも相楽は独断で東山道に進んで「御一新」と「旧幕府領の当年分、前年未納分の年貢半減」を布告している[1]

年貢半減の布告は朝廷の了解を得ていたが、のちに撤回されている[1]

相楽は指示に従わず独立行動を続行し、碓氷峠を目標に進軍する。相楽たち赤報隊の度重なる独立行動や独断専行を危惧した新政府は赤報隊に帰還を命じたが、相楽たちは命令に従わなかった。これにより、相楽たち赤報隊は官軍の名を利用して沿道から勝手に金穀を徴収し、略奪行為を行う「偽官軍」と見なされることになる[1]

東山道軍は、赤報隊捕縛命令を信州諸藩に通達し、かねてより赤報隊の振る舞いに反感を抱いていた小諸藩など近隣諸藩が連合を組んで赤報隊を攻撃した。このとき相楽は、今まで無視してきた東山道総督府からの召喚にようやく応じて隊を留守にしていた[1]

小諸藩から赤報隊による勝手な金穀の徴収や、略奪行為を通報されたことにより、出頭した相楽は下諏訪宿で捕縛される[1]

同年3月、下諏訪で処刑。享年30。妻の照はこれを聞き、息子の河次郎を総三の姉に託し、総三の後を追って自殺した。後に総三の首級は地元出身の国学者で総三とも親交があった飯田武郷の手によって盗み出され、秘かに葬られた。

明治3年(1870年)、下諏訪に相楽塚(魁塚)が建立された。長い間、偽官軍の汚名を受けていたが、孫の木村亀太郎の努力により名誉が回復され、昭和3年(1928年)に正五位が贈られ、翌昭和4年(1929年)、靖国神社に合祀された。

青山霊園立山墓地に墓所がある。

関連書籍[編集]

演じた俳優[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 『ビジュアル幕末維新 「日本の夜明け」を目指した激動の時代を追う!!』 Gakken p.76~77