相曽賢一朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

相曽 賢一朗(あいそ けんいちろう、1969年 - )は、東京都生まれのヴァイオリン奏者

所沢市立美原小学校卒業、1987年、東京芸術大学に入学、在学中に奨学金を得てアメリカへ留学。1992年文化庁在外研修員として英国王立音楽アカデミーへ留学。1995年、同アカデミーを首席で卒業。イギリスに在住し、ソリスト、室内楽奏者として活動中。日本では毎年秋にリサイタルを行っている。また、2003年、当時の天皇皇后の前で演奏を行った。これまでに川田敦子石井啓一郎石井志都子海野義雄澤和樹田中千香士エドワード・シュミダーエリック・グリューエンバーグイヴリー・ギトリスルッジェーロ・リッチイダ・ヘンデルヘルマン・クレバースに師事。現在、バーミンガム音楽院と英国王立音楽アカデミーで教鞭をとる。

コンクール歴等[編集]

レコーディング[編集]

  • 「カイト・ブランシュ」(SPRX-OVCX-00008)
  • 「フランス・ヴァイオリン音楽の精華」(SPEX-OVCX-00001)
  • 「相曽賢一朗&サイモン・クローフォード=フィリップス ライヴ・イン・トウキョウ 2005」(COLUMBIA GES 13636)
  • 「BACH SONATAS FOR VIOLIN AND HARPSICHORD」(ART UNION ART-3115/3116[2CD])

外部リンク[編集]