相引川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
相引川
学校橋で西方を望む.jpg
相引川(学校橋で西方を臨む)
水系 二級水系 相引川
種別 二級河川
延長 5.01 km
流域面積 11.6 km²
水源 なし
水源の標高 0.0 m
河口・合流先 新川・牟礼川~瀬戸内海
流域 香川県
テンプレートを表示

相引川(あいびきがわ)は、香川県高松市の東部を流れる相引川水系の本流。延長5.01km・流域面積11.6㎢の二級河川である[1][2][3]

概要[編集]

屋島の南を巡り、河道の両端に河口を持つ特異な河川である。西は新川の河口、東は牟礼川の河口で合流し、瀬戸内海に注ぐ[2]

相引川は、四国本土と屋島を分離する河川である。しかし、多くの橋が架かり、その様子を探索だけで認識するのは困難である[4]

相引川の北に位置する屋島は、字義どおり「」である[注 1][5]。しかし、現在の法定区分は、高松市を形成する四国本土の扱いである。

相引川の両岸は、江戸時代に開発された塩田と干拓された水田であったが、後の時代の埋立にともない陸続きのようになる。埋立地は住宅地や市街地に改変され、多くの人々が集住する[4]

国指定の史跡および天然記念物屋島」の指定範囲は、相引川以北の全域と、その地先100メートルの海面区域と定められている[6][7]。しかし、屋島地区の屋島西町の一部が南岸(四国本土側)に入りこみ、古高松地区の高松町の一部が北岸(屋島側)に入りこんだ状態である[4]

江戸時代初めの縁起物の『源平屋島檀浦合戦縁起』には、「・・・義経、赤牛が屋島に渡るのを見て浅瀬のあることを知る。」と記述され、その地は赤牛崎(あかばざき)とされている。源氏50余騎が渡海したとされる北岸の赤牛崎には、案内板が設地されている[4]

成り立ち[編集]

源平合戦(1185年)の時代には屋島と四国本土はかなり離れていた。江戸前期までは海であり、満潮時には海水が東西から満ち、干潮時には東西に分かれたことから「相引の瀬」と呼ばれたという[8]生駒氏統治時代(1600年 - 1640年)の寛永14年(1637年)、生駒高俊が堤防を築かせ、屋島と四国本土は陸続きになったが[9]松平氏統治時代(1642年 - 1871年)になって、古来の妙跡を惜しんだ初代藩主松平頼重の命によって1647年正保4年)に水路が復元され、現在の相引川の形が完成した[3]

鎌倉前期の軍記物語の『平家物語』には、「・・・潮の引いています時には、陸と島との間は馬の腹もつかりません。」と記述され、浅い海であったとされている。また、1633年(寛永10年)の『讃岐国絵図』[注 2]は、屋島は海を挟んで島として描かれている。そして、1789年頃(寛政頃)の『讃岐一円図』[注 2]は、屋島は川で隔てられた島であり、1808年(文化5年)に測量された『伊能大図』は、現在と同様に相引川を挟んで島となっている[4]

名称の由来[編集]

川の両端がともに海に繋がっているため、潮の満ち引き時には川の水が東西両方向から満ち、両方向へ向かって引いていくことから、相引川と呼ばれるようになったとする説がある[3]。また、東側の河口付近に位置する檀ノ浦で行われた屋島の戦いの際に、源氏平氏の双方が互いに譲らず引き分けたことを由来とする説もある[10]

橋梁[編集]

相引川橋梁一覧[11]       (東側河口より記載)
橋梁名 北岸 南岸 道路名
高橋 屋島東町字高橋 牟礼町牟礼字浜 市道高橋線
明神橋 高松町字横山 高松町字明神 県道150号屋島停車場屋島公園線
永代橋 高松町字横山 高松町字明神 市道角屋5号線
通路橋 屋島東町字相引 高松町字角屋
赤牛橋 屋島東町字西の谷 高松町字帰来 市道高松町6号線
あわじや橋 屋島東町字三ツ池 高松町字帰来 市道開成久線
東照宮橋 屋島中町字馬場東 高松町字帰来 市道屋島古高松線
和里橋 屋島中町字浜畑 屋島西町字百石 市道屋島西町68号線
学校橋 屋島中町字新開 屋島西町字百石 市道百石線
源平橋 屋島中町字下畑 屋島西町字百石 県道14号屋島公園線
大橋 屋島西町字宮西・字成久 屋島西町字百石 県道150号屋島停車場屋島公園線
屋島新橋 屋島西町字子の浜 春日町字片田 市道屋島東山崎線
屋島大橋 屋島西町字新浜 木太町(5区)字西浜 市道高松海岸2号線

排水施設[編集]

排水施設 - 所在地、雨天時最大揚水量(毎分)[12]
  • 高松市相引東ポンプ場 - 高松町字角屋2284番地2、485.00m3
  • 高松市百石ポンプ場 - 屋島西町字百石1872番地1地先、532.00m3
  • 高松市山下川雨水ポンプ施設 - 屋島西町字百石、105.00m3

1976年(昭和51年)9月台風17号による大雨で川の水が溢れ、屋島南部一帯が水没したため、市は相引川流域に3つのポンプ場を相次いで設置し、以後大きな水害は起っていない[13]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 日本政府(国土地理院海上保安庁)は、屋島を「島」と定めている。
  2. ^ a b 讃岐国絵図』は金刀比羅宮が所蔵する。『讃岐一円図』は丸亀市資料館が所蔵する。

出典[編集]

  1. ^ 電子国土基本図(地図情報)ー国土地理院
  2. ^ a b 『香川県大百科事典』、四国新聞社、1984年、45頁。
  3. ^ a b c 『角川日本地名大辞典37 香川県』角川書店、1985年、66頁。ISBN 978-4-04-001370-1
  4. ^ a b c d e 『屋島風土記』、屋島文化協会、2010年、10-20・57・63・100・128-129頁。
  5. ^ しまっぷー第六管区海上保安本部
  6. ^ 『高松市史跡天然記念物屋島保存整備等基本構想』、高松市、1995年、9-10頁。
  7. ^ 屋島 - 国指定文化財等データベース(文化庁
  8. ^ 平凡社日本歴史地名大系オンライン版「古高松村」。「讃州府志」によるという。
  9. ^ 平凡社日本歴史地名大系オンライン版。「讃岐国大日記」によるという。
  10. ^ 屋島源平合戦 史跡ガイドマップ on the WEB 18.相引川”. 高松市観光振興課. 2011年7月16日閲覧。
  11. ^ 『文化屋島』 第50号、屋島文化協会、2010年、2頁。
  12. ^ 浸水対策(中心市街地浸水対策計画)”. 高松市下水道整備課. 2011年7月16日閲覧。
  13. ^ シリーズ追跡/ 検証・高松市水没。 四国新聞、1998年10月5日閲覧。

参考文献[編集]

  • 高松市歴史資料館 編 『屋島 ーシンボリックな大地に刻まれた歴史ー』(史跡・天然記念物屋島指定80周年記念企画展)、高松市、2014年。
  • 屋島風土記編纂委員会 編 『屋島風土記』、屋島文化協会、2010年。

関連項目[編集]