相川鐵崖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

相川 鐵崖(あいかわ てつがい、1937年3月30日 - )は、書家、書学者。東京学芸大学名誉教授。本名は、政行。

経歴[編集]

神奈川県横浜市に生まれる。1955年、横浜市立金沢高等学校卒業、1959年、東京学芸大学中等教育特別教科教員養成課程書道科卒業、1960年、同大学専攻科(芸術・書道専攻)修了。

1961年、神奈川県立横浜緑ヶ丘高等学校教諭、1977年、東京学芸大学教育学部助手。その後、専任講師、助教授を経て、1987年、教授、2000年、名誉教授。この間、法政大学通信教育部非常勤講師、日本大学文理学部非常勤講師、東京大学東洋文化研究所内地研究員など、また山東大学客員教授、西安交通大学客員教授などを務める。2000年、立正大学文学部教授。大学院と併せ、7年ほど同大学にて教鞭を取る。

著書[編集]

  • 『游芸約言評釈 - 劉煕載の人物と書論』(文化書房博文社 、1974年)
  • 『書道史概説』(編著)(柳原書店、1984年)
  • 『図解 実用かな字典』(木耳社、1987年)
  • 『中国書道史蹟探訪』(木耳社、1996年)
  • 『相川鐵崖古希記念 書学論文集』(相川鐵崖古稀記念書学論文集編集委員会編、木耳社、2007年)
  • 『図解 ひらがなの書き方 - 附・カタカナ』(阿保直彦との共編)(木耳社、2012年)

参考文献[編集]

  • 『立正大学文学部論叢』第125号、2007年3月、5-16頁。