相川哲郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

相川 哲郎(あいかわ てつろう、1954年4月17日 - )は、日本実業家。元三菱自動車工業社長。「eKワゴン」など主に軽自動車の開発に携わり世界初の量産電気自動車i-MiEV」を開発した人物。 2016年6月に社長を辞任した[1][2]

経歴[編集]

1954年長崎県生まれ[3]1978年東京大学工学部を卒業後、三菱自動車工業入社[3]。入社後は開発畑に進み、軽自動車eKワゴン」など主力製品の開発に携わった[3]2000年にはリコール隠し問題発覚を受けて軽自動車「i」に開発停止命令が出されたが、極秘に開発を続行し、世界初の量産電気自動車i-MiEV」の発売につなげた[3]

常務執行役員常務取締役を経て、2014年6月社長就任[3]。就任会見では「技術とデザインで三菱ブランドを再構築したい」と述べていた[3]。また、スポーツ用多目的車(SUV)の世界的流行と電気自動車の需要拡大を考慮して[4]2020年まで中小型SUVと電動車を優先的に開発する方針を示した[5]

2016年4月に三菱自動車の燃費偽装問題が発覚。自らが長く在籍した開発部門における不正であることを受け、同年5月18日に辞任を表明した[1][6]。辞任は6月24日付[1]

略歴[編集]

人物[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]