直腸検査

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

直腸検査(ちょくちょうけんさ、: rectal palpation, rectal examination)は、医学、もしくは獣医学診察に際し、ヒトを含む大動物および中小動物において用いられる触診の一つ。直腸診(ちょくちょうしん)と称されることや直検(ちょっけん)と略されることがある。ヒトに対しては指を、ウシ、ウマのような大型獣では手および腕を直腸内に挿入し、目的臓器を触診する。消化器系生殖器系の形態異常、妊娠診断に利用される。特に大動物診療領域では交配適期の判断、繁殖障害の診断、妊娠診断のために頻繁に行われる。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 日本獣医内科学アカデミー編 『獣医内科学(大動物編)』 文永堂出版 2005年 ISBN 4830032006
  • 幡谷正明 『家畜外科学』 金原出版 1995年 ISBN 430779009X
  • 獣医学大辞典編集委員会編集 『明解獣医学辞典』 チクサン出版 1991年 ISBN 4885006104