直江津駅リンチ殺人事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

直江津駅リンチ殺人事件(なおえつえきリンチさつじんじけん)は、1945年(昭和20年)12月29日新潟県中頸城郡直江津町国鉄信越本線直江津駅[1]で発生した朝鮮人[2]による殺人事件である。

事件の概要[編集]

当時の列車の混雑
※この写真は事件とは無関係である。

1945年12月29日午後7時頃、新潟大阪行の列車が国鉄信越本線黒井駅に到着した。3人組の男が列車に乗車しようとしたが、満員のため乗車することが出来なかった。そこで列車の窓ガラスを叩き割り無理やり乗車しようとしたところ、ある男性の乗客(当時29歳のセールスマン)に阻まれたため、已む無くデッキにぶら下がり次の直江津駅まで行く破目になった。

列車が直江津駅に到着すると、3人組は自分たちを阻んだ男性に対して、「乗降口から乗れないので仕方なくガラスを壊して乗ろうとしたのに何故妨害した」と詰め寄った。 男性に「窓から乗り込むという方法はない」と反論されたため、「(自分たち)朝鮮人に向かって生意気だ!ホームに降りろ!殺してやる!」と叫び、その男性を直江津駅のホームに引きずり降ろした。 3人組はの備品であるパイプスコップを持ち出して男性に襲い掛かり、メッタ打ちにした。男性は頭や左眼などに十数か所の傷を負い、絶命した。

警察が緊急配備したところ、直江津の病院で傷の手当てをしていた3人組を突き止めた。そして容疑を認めたため、殺人犯として緊急逮捕した。

犯人[編集]

犯人は3人とも朝鮮人で、戦時中は工場に勤務していたが、終戦後は闇米ブローカーに転身した。事件当日も農家からを買い集め大阪方面に売りに行く途中であった。

その後の顛末[編集]

犯人の朝鮮人3人は殺人の容疑で検事局に送られたが、まもなく逃走し行方知れずになったため、司法で裁かれることはなかった。

参考文献[編集]

  • 新潟県警察史編さん委員会編「第四編 戦争終結以後、第七章 亊件及び災害」『新潟県警察史』新潟県警察史編さん委員会、1959年2月、1185頁。

脚註[編集]

  1. ^ 現在の上越市えちごトキめき鉄道妙高はねうまラインである
  2. ^ ここでは本籍地が朝鮮にある日本国籍保有者を指す。当時は日本による朝鮮の支配が終了した直後で混乱しており、朝鮮民族であったかは不明である

関連項目[編集]