直方平野

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
直方平野の位置
直方平野の位置

直方平野(のおがたへいや)は、福岡県北部に位置する平野。 遠賀川(中流・下流)とその支流の流域に広がる沖積平野である。そのため、別名は「遠賀川平野」。 日本海に面した地域に多くある、湖が干上がった沖積平野の一つでもある[1]。 水田稲作に適した場所であることも特徴であり、日本列島で大規模な水田稲作が始まった初の場所といわれている。「遠賀川式土器」と命名された弥生時代前期の土器など、同時代の遺跡が複数が出土している[1]明治以降はむしろ炭鉱地域となり、近年では工業化も進んでいる。

脚注[編集]

  1. ^ a b 日本最初の水田 直方平野” (日本語). 卑弥呼と魏志倭人伝. 2020年12月5日閲覧。